沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

09月23日 – GIBSON LesPaul Custom – フレット研磨 ナット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_0436.jpg

GIBSON LesPaul Custom

80年台のレスポールカスタム。

レリックでは中々出せない 30数年経ったこの黄ばみ。

IMG_0437.jpg

IMG_0438.jpg

IMG_0439.jpg

但しフレットやナットは長年の摩耗によってかなり擦り減っていました。

比較的太いフレットだったので今回は研磨にて対応。

ネックジグを使い弦のテンションを掛けた状態でフレットごとのバラつきを無くします。

ネックジグとは?

通常、弦を張っている状態でネックのストレートが出ている事が望ましく
ネックが順反りになると弦高が開いてきて、逆反りになるとビビりが生じてきます。

弦を張っていない状態にてネックをストレートにしても、弦を張る事でテンションが
掛かり、若干順反り気味になります。

IMG_0440.jpg

ネックジグは、弦を張り、チューニングを合わせ、トラスロッドを調整し、ネックの
ストレートを出した状態を、写真の丸い目盛り(ゲージ)にて”0”として位置を記憶します。

この状態で弦を外し、ヘッド側をベルトでテンションを掛けて固定、弦を張った時のような状態にします。

目盛りが”0”になるところまで テンションを掛ける調整をして、指板上のストレートを確認した
ところで、フレットを研磨します。

IMG_0441.jpg

フレット上のデコボコをマジックにてマーキング。

その後研磨してレベルを合わせます。

IMG_0443.jpg

IMG_0444.jpg

平らになったところで、天面を丸く処理し、フレット再度のエッジを丸く処理し、各フレット間の段差が
無い事を確認し、微調整します。

IMG_0445.jpg

その後ナットを製作。

当店にて漬け込んだ、牛骨オイルナット。

IMG_0446.jpg

ナット接合部を丁寧にノミにて処理し、接着剤の跡や、段差をなくします。

綺麗にはまりました。

IMG_0448.jpg

デコボコが酷かったフレットも、見事に綺麗な状態に。

IMG_0449.jpg

エッジ部も球状に仕上げたので、フィンがリング時に引っ掛かる事もありません。

IMG_0450.jpg

IMG_0451.jpg

ブリッジ部、サドルの弦溝も 改めて処理します。
長年の弦の張替、錆びなどで面がガタガタになっていました。

IMG_0452.jpg

IMG_0453.jpg

IMG_0454.jpg

IMG_0455.jpg

ナット交換 + フレット研磨(交換) + ブリッジ部調整
にて驚くほど弾きやすく、生まれ変わりますよ!!

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG