沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Greco Semi Acoustic SA-700WA – フレット交換、オーバーホール

Guitar Repair of the Day

IMG_7425_20200329202349335.jpg

Greco Semi Acoustic SA-700WA

IMG_7427_20200329202350834.jpg

70年代のグレコ製セミアコ。

IMG_7428_202003292023520ce.jpg

やっぱり70年代のグレコは本当良いですね。

どこをとっても丁寧に作られてます。

IMG_7429_20200329202353d4a.jpg

70年代当時は、本家のアメリカ製と比べてコピー品的な位置づけで、「日本製だろ?」みたいなネガティブな印象が根付いていましたが、90年代くらいから、アメリカやヨーロッパのバイヤーはMade in Japanのジャパンビンテージを買い漁っていました。

ここ沖縄でも日本製ギターばかりを買い集めて、アメリカのオークションで大儲けしたアメリカ人がいっぱいいます^^

沖縄の楽器市場は余り大きくは無いのですが、「アメリカ人」という変数が加わるマーケットなので、結構本土とは違うラインナップを見かけたりします。

さて今回のセミアコ。
フレット、ナット、ペグ、ピックアップ、ブリッジ、テールピース、スイッチ、ポット、ジャック交換…ギターリペア全部乗せ!!

いつもの3倍の記事数です^^

IMG_7478_202003292023553f1.jpg

フレットは見ての通りまっ平。

フレットより指板が削れて低くなっている箇所もあります。

IMG_7479_202003292023566f4.jpg

フレット浮きもかなり酷い。

IMG_7480_2020032920235855c.jpg

フレット交換を行う前に、一旦全てのパーツを取り外してバフ掛けします。

パーツはほぼ全て交換します。

IMG_7482_20200329202359681.jpg

汚れを落としてバフ掛け後。

ライトが艶っ艶になるくらい光沢が出ました。

IMG_7485_20200329202401e56.jpg

元が分厚いウレタン塗装なのでバフ掛けも綺麗に仕上がりました。

IMG_7486_20200329202402d08.jpg

チューニングキーはGOTOH製のロック式へ。
GOTO製 ロック式ペグ SG301-MGT-20-L3R3-Chrome

IMG_7487.jpg

チューニングの安定度もさることながら、弦交換が格段に速くすみます。

IMG_7488.jpg

ピックアップは既に交換されていたブリッジ側のダンカン製JBと、ネック側にJazzを選択。
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SH-2n Jazz Neck Zebra

ブリッジ、テールピースもGOTOH製に変えました。
GOTO製 ナッシュビルタイプブリッジ GE103B-T Nickel
GOTO製 ストップテイルピース GE101Z Nickel

IMG_7489.jpg

ブリッジ側のピックアップはワイヤーが短く延長されていました。

IMG_7490.jpg

一旦分解して新しいワイヤーに付け替えます。

IMG_7491.jpg

内側、外側を4芯ワイヤーにフックアップ。

IMG_7494_20200329202448a61.jpg

セミアコの場合、ポットの穴位置に合わせてベニヤでテンプレートを作り、そこにパーツをセットしてワイヤリングします。

IMG_7497_20200329202449232.jpg

取り付け時の取り回しのし易さと共に、使用時にトラブルのないよう仕上げています。

IMG_7498_2020032920245101f.jpg

Fホールの穴からセット。

穴から糸を入れてセットする事もありますが、魔法の道具を開発したので5分位で取り付けできるようになりました。
企業秘密ですが。

だからセミアコ、フルアコのポット交換だからといって追加料金は取っていません。

基本的にリペア料金は、作業時間に比例して設定しています。

複数の修理を同時に行えば、別々の修理内容を個別に行うよりも作業時間は少なくなるので、工賃はディスカウント可能です。

IMG_7503.jpg

フレット交換、ナット交換以外が完了。

弦を張って状態をチェック。

音は既にいい感じ。

IMG_7504_202003292024532c0.jpg

まだ肝心のフレット交換が待っているので、ネックをストレートにしてから

IMG_7505_20200329202636cb5.jpg

ネックジグへセットします。

IMG_7506_20200329202638649.jpg

ネックジグ上でフレットを抜いていきます。

もう何も力を入れずに抜けるほど、溝が腐っていました。

IMG_7507_202003292026396bc.jpg

今回はダンロップ製の6130をチョイス。
JIM DUNLOP製 ミディアムジャンボフレット 6130

IMG_7508_20200329202641781.jpg

指板のアールに合わせて指板を研磨していきます。

IMG_7509_20200329202642d63.jpg

指板のデコボコと油が中々取れず、結構削りました。

IMG_7552_20200329202644b3e.jpg

その為フレットの溝を再度埋めてから掘り直し。

IMG_7556_2020032920264720b.jpg

溝の深さをチェックしながら、地道に揃えて掘っていきます。

IMG_7555_202003292026455bc.jpg

指板は真っすぐになりました。

IMG_7557.jpg

フレットをアールに合わせて曲げます。

IMG_7558.jpg

アールより少しだけきつめに。

IMG_7561_20200329202838d4a.jpg

最初にフレットをエンドを少しだけ加工してあります。

この後セットしてプレス。

IMG_7562.jpg

均一にプレス機で抑え込みます。

IMG_7563.jpg

ハイフレットはこんなクランプで。

IMG_7566.jpg

ネックジョイント部はこんなクランプで。

IMG_7567.jpg

全て交換し終わりました。

事前にエンド加工をしていたので楽でした。

IMG_7568.jpg

それでもフレット面にデコボコは出てしまいます。

この後フレット研磨。

IMG_7569.jpg

デコボコを取り、アールを出して仕上げます。

IMG_7571.jpg

研磨、バフ掛け、コンパウンドを終えて

IMG_7572_20200329202850388.jpg

ピカピカになりました。

この後指板を掃除。

IMG_7573_20200329202852802.jpg

そしてナットの製作。

牛骨ナットを使用します。

IMG_7574_202003292029513a8.jpg

ナットのスロットに合わせてぴったりと加工。

IMG_7575_20200329202953bf0.jpg

弦の溝を掘る前にある程度仕上げます。

IMG_7576_20200329202954369.jpg

使用する弦に合わせて溝加工。

IMG_7579.jpg

ピカピカになったヘッド側。

IMG_7580.jpg

フレットもピカピカに。

IMG_7582.jpg

70年代製のほぼ新品セミアコ。

IMG_7583.jpg

パーツは全て新品なのに、サウンドは圧倒的にビンテージ。

経年で水分含有量が少なくなり、楽器としてボディやネックの木材が最高の状態になるのは、製造から30年以上必要なのかもしれません。

90年代に目にしたり手に取った、59年製のレスポールや、50年代のストラトは、当時製造・発売から30年位経っていた頃でした。

70年代、80年代に製造された日本製のギターも、2020年の現在では40年物!!

総オーバーホールすれば、生まれ変わる個体は一杯あるでしょうね。

ギターのメンテナンス、オーバーホール、各種修理 はご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743

沖縄県外から修理を依頼される場合は、必ずメールか電話にて状態をお知らせ下さい。
その後発送方法等をお知らせいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG