沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON Les Paul Standard – フレット交換

サウンドハウス

GIBSON Les Paul Standard

Guitar Repair of the Day

GIBSON Les Paul Standard

ギブソン レスポールスタンダード。

フレット状態

かなり弾きこまれていて年季が入っていました。
使い込んだ分だけフレットも減っており交換致しました。

早速ネックジグにセット。

フレット抜き

ネックジグ上でフレットを抜いていくと、フレットの溝に色々な物が詰まっていました。

ゴミ、油、擦れたフレット、錆びなど、フレットの溝に溜まっています。

指板調整

汚れと同時にデコボコになった指板をストレートに研磨します。

同時に指板のラジアス(アール)を合わせます。

綺麗にストレートになりました。

新しく打ちこむフレットのタング(足)の高さに合わせてフレットの溝を削ります。

フレット準備

今回使用するフレットはJescarのギブソンタイプ。

ラジアスに合わせフレットを曲げます。

フレット打ち込み

写真を撮り忘れましたがレスポールなどのバインディングのある指板の場合は、バインディング上にフレットが乗っかるように加工します。

クランプで挟み込んでいきます。

プレスが入らないエリアはこんな打ちこみ器でプレスします。

全て打ち終わりました。

フレットすり合わせ

もう一度ネックジグにセットして弦を張り、弦を張った状態をメモリしてから弦を外します。

フレット上は多少のデコボコがあるので、高い部分のみを削って落とします。

ストレートのブロックやラジアスのついたブロックで均一に削っていきます。

その後まっ平になったフレット上をラウンドになる様に1本づつ仕上げます。

ナット交換

フレットを交換すると高さが変わるのでナットは新しく作り直します。

フレットを研磨して弦を張って完了。

指板をケアする為に様々なオイル等が売られていますが、シリコンを含んだ物は長年使用しているとフレットの溝から入って蓄積します。シリコンは揮発・蒸発しないので指板木部に溜まり、水分や油分を通さなくなった指板は痩せたりフレットの溝が広がったり浮いたりする事も。

天然オイルは匂いがキツイのでレモンやオレンジの香料が入ったものが多いですがベビーオイルがベストですよ。

沖縄は湿度が高いので保湿ケアをしない人も多いですが、湿度が低くなる3月4月は要注意!!

ギター、ベース等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

サウンドハウス

NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG