沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Fender USA Eric Clapton Stratocaster Torino Red – フレット交換

サウンドハウス

Guitar Repair of the Day

Fender USA Eric Clapton Stratocaster

90年代前半に作られた Torino Red仕様のクラプトンモデルのストラトです。

珍しいカラーですね。

フレット交換

持ち込まれた状態は、かなり弾きこんで低くなったフレット、ビビりの多いナットでした。

フレット面がガタガタで錆びもでており、指板の状態もあまりよくないですね。

5~7フレットエリアはほとんど残っていません。

さあ、いつものようにネックジグにかけて作業していきます。

まずは現状確認。

ネックに反りがある場合は、この時点で真っすぐに合わせます。

ストレートになったネックに弦を張ってネックジグ上のメモリを0に合わせます。

弦を張ってストレートになった状態を記憶して作業する事で、指板を削った後、フレットを打った後、フレットを研磨した後、それぞれの段階で、なるべくネックが真っすぐな状態をキープしながら作業出来ます。

弦を張って真っすぐにしたネックも、弦を外してテンションが変わった状態で研磨、また弦を張ってストレートにしても、完全には真っすぐになりません。

ネックジグを使用すると、正確に、早く作業が行えるのです。

弦を外して、もとの0の値に調整。

フレットを少しずつ温めながらフレットを抜いていきます。

メイプル指板なので、塗装の境に切れ込みを入れるのも忘れずに。

フレットを抜き終わった指板は、先ほど弦を張った状態と同じ位置にしてみると、これだけデコボコがあります。

指板ファイルで研磨していきます。

高さを揃えつつ、指板のラジアスに合わせてアールをつけていきます。

研磨後は真っすぐに。

指板塗装

この時点でシーラーと、若干の生地着色を行っておきます。

トップだけで色味を合わせるより、立体的に、経年で焼けた状態を再現出来ます。

フレット打ち込み

フレットを入れていきます。

フレットプレス時に、均一に高さを揃えながら打ち込むので、削る量は最低限で済みます。

高い部分のみ研磨後

何度かの研磨工程を経て、仕上げ。

その後、色合わせ。

何度かの吹き付け調整をして

ほぼ同じ色合いになりました。

ナットも新しくして完了。

細かな修理内容のご相談、金額の確認、などお気軽にお問い合わせ下さい。

ギター、等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス

NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG