沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Fender Duo-Sonic – ポット交換

Guitr Repair of the Day

IMG_6170_20191218095604d09.jpg

Fender Duo-Sonic

IMG_6173.jpg

フェンダーのデュオソニック。

IMG_6175_20191218095609ee0.jpg

小ぶりなネックとボディが特徴のスチューデントモデル。

ストラトやテレキャスの弦長はロングスケールを採用していて約648mmあります。

一方このDuo Sonicはショートスケールで長さは約610mm。
手が小さい人や初心者には弾きやすいサイズですね。

ピックアップはシングル2発。

IMG_6176_20191218095613da0.jpg

今回はポットをヴィンテージタイプのCTSポットへ変更し、コンデンサーをDEL RITMOのBlack candyを取り付けました。

IMG_6178_20191218095625690.jpg

通常ピックアップから出た信号は可変抵抗器と呼ばれるポットを通過しアンプのインプットへ送られます。

IMG_6180.jpg

この丸いパーツが可変抵抗器 ポットです。

ポットとはPotentiometerの略。

よくポッドと表記している場合がありますが ポットです。

IMG_6181.jpg

ポットの抵抗値はシングルの場合250Kオームを使う事が多いのですがDuo Sonicは500Kオームを採用しています。

IMG_6182.jpg

今回はCTS製ヴィンテージタイプのポットへ変更。

抵抗値はストラトと同じ250Kオーム。

IMG_6183.jpg

黒いパーツがコンデンサー。
DEL RITMO製のBlack candyを取り付けました。

IMG_6184.jpg

通常ポットは全開にしている時は0Ωとなるので抵抗値を通さず信号は通過するのですが、アースはそれぞれの抵抗値にてグラウンドに落ちるので抵抗値の違いがサウンドに出ます。

なのでテレキャスなどで1Mオーム(1000Kオーム)を採用している機種は、高域が抜ける独特なサウンドになります。

トーンに付けられたコンデンサーは、ポットを絞っていくと、コンデンサーの値、種類などでトーンの掛かり方に違いが出るのです。

またボリュームと同じで、トーンを10 全開にしているときも、音質の差が出てきます。

ボリューム、トーンを10の全開にしてサウンドを鳴らす時も、コンデンサーの種類を変えるだけで全く出音が変わってきますよ!!

様々な種類のコンデンサーを試して好みのサウンドを探すのも面白いです。

IMG_6186.jpg

IMG_6185.jpg

ギターの調整、メンテナンス、セットアップ 等は是非お問合せ下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG