沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON ES-335 – POT交換

サウンドハウス

GIBSON ES-335

Repair of the Day

GIBSON ES-335

一件ヴィンテージかな?と思いましたが

2000年代のモデルだそうです。

マットな仕様で珍しいですね。

音が途切れる

フロントの音が出たり出なかったり。

これはスイッチかな?と思いましたが、ポットを回してみるとかなりガリがあります。

一旦全てを取り出し動作チェック。

スイッチは問題ありません。

ポットはフロントのみ交換済み。

だけど全体的にカビがびっしりでした。

ポット交換

トーンは問題無かったのでボリュームのみ交換依頼。
ポットは純正と同じCTS製。
フルアコ、セミアコのポット交換はかなり面倒なイメージ。

ブリッジピックアップからしかパーツを入れれないので(Fホールからは傷がつきます)、右奥にあるジャックの取り付けはかなり大変。

でも、ある方法で糸を使わず10分位で出来るようになりました。

工具は必要です。

さくっと取り付け完了。

ネック調整

暫くメンテをしていなかったようで、ネックはかなり順反りでした。
トラスロッドを調整してストレートに。

指板クリーニング、サドル調整、完了

フレット、指板をクリーニングして、サドルのオクターブを合わせて完了。

同じセミアコでも、ロック仕様の方と、ジャズ仕様の方では鳴りが違う気がします。

普段の鳴らしてる帯域が違うと、こうもアコースティックの鳴りに影響するのですね。

全然ロックな音がしないセミアコ。

鳴らし手、弾き手で音が変わるのは本当に不思議。

ギター、ベース等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

サウンドハウス

NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG