沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Fender Japan Jazzmaster – フレット交換、ナット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_7065_202003052118255af.jpg

Fender Japan Jazzmaster

IMG_7067_20200305211826dda.jpg

フェンダー ジャパン ジャズマスター。

IMG_7068.jpg

塗装も飴色になって風格がありました。

IMG_7069.jpg

ボディ鳴りも良くバランスが良かったです。

IMG_7071_20200305211831839.jpg

長い事使っていたのでフレットがかなり減ってしまったようです。

IMG_7072_20200305211832e82.jpg

これだけ減ると、コードを弾いた時にピッチが合わなくなります。

IMG_7073.jpg

今回はフレットを交換致しました。

IMG_7074_20200305211835330.jpg

ネックジグにセットし弦を張った時と同じ状態にセットしフレットを抜いていきます。

IMG_7076_20200305211837950.jpg

フレットの溝から水分や油分などが染み込こんで、フレットが腐食していました。

IMG_7077_202003052118387c3.jpg

全てのフレットを抜き終わりました。

IMG_7078_202003052119115d6.jpg

弦を張っていない状態のネックは、若干逆ぞり気味になっている事があります。
これは弦を張ってテンションを掛けることでストレートになるように、トラスロッドを調整するからです。

フレット交換の際、フレットを抜いた後に指板を削って調整します。
真っすぐに研磨した指板上にフレットを打ち直す事で、ストレートな指板、フレットが出来上がります。

もし弦を張らずに指板を削ってしまうと、弦を張った時に順反り気味になってしまします。

ネックジグを使う事で弦を張って実際に使用するのと同じ状態、テンションにて指板調整、フレットの状態を維持出来ます。

PLEKも同じように弦を張ったままの状態をスキャンしてフレットを削っていますね。

IMG_7079.jpg

綺麗にストレートになりました。

IMG_7080.jpg

ここでフレット溝の深さもチェックします。

新たに打ち換えるフレットの足の長さに合わせて溝の深さを調整します。

IMG_7081.jpg

いよいよフレット打ち換え。

指板のアールに合わせてフレットを予め曲げていきます。

専用の工具で曲げます。

IMG_7082.jpg

フレットを本数分、長さを合わせてカット。

打ち換えの準備が整いました。

IMG_7083.jpg

打ち換えるといってもハンマーで打つのは最初だけ。

その後はぴったりと納めるため、専用のプレス機を使用します。

IMG_7084.jpg

2台のプレスを使って順番に。

IMG_7085.jpg

ハイフレットはプレス機が入らないので、写真のようなクランプでプレス。

IMG_7086.jpg

こんなクランプも使います。

IMG_7087.jpg

全てのフレットを打ち直しました。

IMG_7090.jpg

指板を真っすぐにしてフレットをプレスしても、フレット上はデコボコしています。

すり合わせを行って完全にフラットになるよう仕上げます。

IMG_7091.jpg

オールドビンテージタイプの指板は7.25インチのアールで仕上げられています。

指板のアールに合わせてフレット上も均一にします。

IMG_7117_20200305212004158.jpg

高さを揃えた後、フレット上のクラウンを整え、ポリッシュして完了。

IMG_7118.jpg

指板エンドも引っかからないよう整えます。

IMG_7119_20200305212007b02.jpg

続いてナット。

新しいフレットに変えたので高さが変わります。

今回は牛骨オイルナットへ交換。

IMG_7120_202003052120082ee.jpg

ナットスロットに合うようにぴったりと削ります。

IMG_7123_202003052120108be.jpg

弦を張って溝を切り出し深さを調整。

IMG_7124_202003052120115d3.jpg

サドルを調整しオクターブ調整を行い、完了です。

IMG_7125_20200305212013bbb.jpg

IMG_7126_20200305212015611.jpg

ブリッジも細かく調整したので弦落ちもありません。

ギター、ベースのフレット打ち換え、すり合わせ 等は是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743

沖縄県外から修理を依頼される場合は、必ずメールか電話にて状態をお知らせ下さい。
その後発送方法等をお知らせいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG