沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

YAMAHA SG-3000 – フレット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_6410_20200120104514cff.jpg

YAMAHA SG-3000

IMG_6411_20200120104515310.jpg

ヤマハのSGシリーズの中でも最高峰グレードの3000。

IMG_6412_20200120104516ab1.jpg

こちらは80年代の個体でした。

IMG_6413_20200120104518b24.jpg

今回は低くすり減ったフレットの交換。

IMG_6414.jpg

フレットトップがすり減り形状がラウンドでは無くフラットになってしまうと、音詰まりやサスティンが無くなります。

また隣り合うフレットとの高さが違うと音詰まりになります。

IMG_6415_202001201045216b2.jpg

ネックジグにセットして弦を張った状態でネックのストレートをチェック。

少し順反りだったので、この時点でストレートに調整します。

IMG_6416_202001201045225d9.jpg

弦を張ってネックがストレートになった状態をメモリする為に、ネックの下にあるゲージのメモリを0にセット。

IMG_6417_202001201045243c4.jpg

このままフレットを抜きます。

IMG_6418_20200120104525a1f.jpg

全て抜き終わった状態。

IMG_6419_202001201045276f0.jpg

ストレートに合わせたとはいえ、フレットを抜いた指板面はガタガタになっている事が多いです。

IMG_6420_20200120104653d59.jpg

真っすぐな指板にする為にサンディングブロックで研磨します。

IMG_6421_20200120104654a7c.jpg

真っすぐに研磨し終わった指板面。

IMG_6422_202001201046566db.jpg

40年近く弾いてきて今後は交換しなくてもいいように、メンテナンスフリーなステンレスフレットへと交換しました。

ステンレスは通常のニッケル製に比べ硬度が高くとても硬いです。

IMG_6425_2020012010465712c.jpg

フレットのタングの長さに合わせて溝の深さを調整。

IMG_6426_20200120104659da9.jpg

ネックにバインディングがある場合予めフレットのタングをカットしてフレット溝に合わせるのですが、カットするのも硬いので時間がかかりますね。

いよいよフレットをプレスしていきます。

IMG_6427_202001201047007d3.jpg

数回ハンマーで打った後、均一に溝に入るようにプレス機で挟み込みます。

IMG_6428_202001201047029f1.jpg

2台のプレスを使ってローフレット、ハイフレットから一気にプレス。

IMG_6429_20200120104703ed5.jpg

セットネックやスルーネックなど挟み込めないハイフレット部は、別の形のプレス機で挟みます。

IMG_6430_20200120104705f42.jpg

全て打ち終わった状態。

今回はフレットエンド部を事前にカットして丸めておきました。

IMG_6433.jpg

一旦弦を張ってフレットの状態をチェック。

段差は少なかったです。

IMG_6435.jpg

トラスロッドの効きも良くネックのコンディションも安定してたので、すり合わせも少なく済みました。

IMG_6436_2020012010490044b.jpg

すり合わせ後はトップ面をマーカーで印してラウンド状に仕上げます。

IMG_6437_2020012010490117c.jpg

ラウンドになる一番頂点は高さを揃える必要があるので削らず、角ばった部分のみを丸めていきます。

IMG_6534.jpg

コンパウンドを経て完了。

IMG_6536_20200120104904a61.jpg

ピカピカに光っています。

IMG_6537_20200120104906645.jpg

続いてナット。

フレット交換をする際は、すり減ったフレットよりもフレットの高さが高くなるので、それに合わせてナットも交換が必要となります。(ロック式ナットを除く)

今回は牛骨ナットを使用。

IMG_6538_20200120104907bbe.jpg

ナットスロットの接着剤を取り除きます。

IMG_6539_202001201049099bb.jpg

溝に対して少しきつい位に隙間無く成形。

IMG_6542_20200120104912b5b.jpg

弦を張って溝調整。

IMG_6541_20200120104910c2d.jpg

最終チェックをして完了。

IMG_6543_20200120104936665.jpg

SGシリーズは塗装が白濁するケースが少なくないのですが、コンディションよく保管されていたのだと思います。

エレキギター、ベース、アコギ等のフレット交換、すり合わせ、メンテナンス 等は是非お問合せ下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG