沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Gretsch 6119 Chet Atkins Tennessean – フレット交換、ネックヒーター

Guitar Repair of the Day

IMG_5875.jpg

Gretsch 6119 Chet Atkins Tennessean

IMG_5877.jpg

グレッチのテネシアン。

IMG_5878.jpg

67年製のチェットアトキンスモデル。

風格漂うエイジングの進んだ外観。
製造から50年近く経っているのでネックがかなり傷んでいました。

IMG_5879.jpg

今回はフレット交換と同時に歪んだ指板の修正を行いました。

指板は凹みが多く、フレットはほぼ無くなっている場所もあります。

IMG_5881.jpg

0フレットもガタガタでビビり音が酷いです。

IMG_5882.jpg

ネックは順反りなのですが、波打ったように歪み、ハイフレットエリアは跳ね上がりがあります。

IMG_5883.jpg

フレットを抜く前に、何回かに分けてネックヒーターを当てて歪んだ部分の修正。

IMG_5884.jpg

特にハイフレットの歪みを重点的に修正。

IMG_5886_2019112910385315b.jpg

時間を空けながら、数回に渡って熱処理、冷却を繰り返しました。

当初トラスロッドはかなりキツイ状態で余裕も無かったのですが、一旦緩めてからネックヒーターを行い、トラスロッドに余裕がある状態でこれだけストレートに戻りました。

IMG_5887_20191129103902e06.jpg

それではフレットを抜いていきます。

IMG_5888_2019112910401701d.jpg

ネックジグにセットして弦を張ります。

ネックがストレートになるようトラスロッドの調整を何度も繰り返します。

真っすぐになったところでメーターのメモリを0にセット。

IMG_5889_20191129104020d76.jpg

弦を外し、0のメモリに合わせてネックにテンションを加えます。

IMG_5890_2019112910402742c.jpg

これから指板修正を行うのですが、フレット挿入時にバインディングが無いと処理できない為、欠けたバインディングを足します。

IMG_5891.jpg

色の近いバインディングをカットして少し汚し、欠けた部分に接着。

IMG_5892_201911291040407ef.jpg

指板を研磨してストレートを出します。

IMG_5893_20191129104042599.jpg

足したバインディング部分に少し割れを足して着色。

IMG_5894_20191129104045aa2.jpg

この時代のグレッチのサドルはアールが20位。

それに対して指板は14だったり16だったり。

かといって指板をサドルに合わせたらフラット過ぎるので今回は16に合わせました。

IMG_5895_20191129104045fa7.jpg

かなり仕上がってきました。

IMG_5896_20191129104055e6e.jpg

定規を当てながら隙間を確認。

IMG_5901_20191129104047758.jpg

同時にフレットの溝も一定の深さになるよう揃えていきます。

フレットを打つ前の下作業だけで、丸一日掛かります。

IMG_5902_20191129104158048.jpg

ようやくフレットを切り出せます。

IMG_5903_20191129104159d5a.jpg

指板のアールに合わせてフレットを曲げます。

IMG_5904_20191129104203e98.jpg

0フレットは少し太めのサイズのフレットにて製作。

先にセットしておきます。

IMG_5906_20191129104203dbd.jpg

フレットを入れる際にハンマーも使って挿入するのですが、バインディングの状態が脆いので今回は1本1本プレスしていきます。

IMG_5907.jpg

ハイポジションは特に大変。

IMG_5908_201911291042190b1.jpg

全てのフレットが打ち終わりました。

IMG_5909.jpg

さあこの後すり合わせ。

一旦弦を張ってネックジグにセット。

IMG_5910_20191129104221e51.jpg

軽くフレット上を研磨して、フレットをラウンド状に仕上げていきます。

IMG_5911.jpg

研磨、コンパウンド仕上げを行います。

IMG_5912.jpg

すり合わせ完了。

IMG_5914.jpg

指板サイドも少しエッジを落とし、角が当たらないよう仕上げてます。

IMG_5915.jpg

IMG_5916.jpg

IMG_5917.jpg

IMG_5918_2019112910433650e.jpg

IMG_5919_20191129104336cc9.jpg

オールドギターは長い年月を掛けて腐食したり変形しているので、修理に入るまでにそれらの修正に時間が掛かります。

工程が倍くらい増えるので手間と時間が掛かりますね。

30年以上経過したギターのネックは一旦リセットしてフレットを打ち直す事でネック本体の調整、指板調整等を経てコンディションが戻りますよ。

オールドギターの修理、メンテナンス、フレット交換 等は 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG