沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

09月28日 – Fender Japan ST62-DMC – フレット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_7879.jpg

Fender Japan ST62-DMC – Refret

IMG_7882.jpg

日本で組み込みされたフェンダージャパンのストラト。

IMG_7883.jpg

Dimarzioのピックアップが搭載されたモデルです。

IMG_7884_20180928102325c79.jpg

かなり弾きこまれていてフレットが大分減っていました。

IMG_7885_20180928102327469.jpg

ネックの状態を確認してみると

IMG_7886.jpg

15フレット以降に隙間がありますね。

もしかしてシムが入っていて抜いたのかもしれません。

IMG_7887.jpg

ネックジグにかけてテンションをセットし、その数値を見ながらフレットを抜きます。

IMG_7888.jpg

15フレット以降は、力を入れずにスッと抜けてしまいました。
曲がっていたということですね。

IMG_7890.jpg

フレットを抜いた状態での指板の状態。

ところどころ隙間が見られます。

IMG_7891.jpg

フレット交換と同時に指板のアールを変更。

純正はオールドストラトなどに採用されている7.25ラジアス。

IMG_7893.jpg

一方アメリカンスタンダードや近年のモデルは9.5インチのモデルが多いです。

現状の指板に9.5インチのスケールを置いてみると両端に隙間が見られます。

指板のアールは数値が大きくなればなるほどフラットに近くなります。
レスポールなどは12インチです。

今回は9.5インチへ変更。

IMG_7894.jpg

指板を真っすぐに研磨する際は、指板上にチョークを塗ります。

最初に9.5インチのアールのついたブロックで研磨すると、高い部分が削れるのが分かります。

これでどこが高くてどこが低い場所なのかをチェック出来ます。

IMG_7895.jpg

ストレートブロック、ラジアスブロックなどで研磨し、9.5インチに仕上げました。

ネックにテンションを掛けながら、全てのフレット位置を完璧に同じアールにすることで、フレットを打った後のすり合わせが最少で済みます。

IMG_7896.jpg

指板を削って厚みが減った分、フレットの溝も以前より低くなっています。
また以前より太め、高めのフレットに変える際は、フレットの足も高い事が多いので新しく打つフレットに合わせて溝を切り直します。

IMG_7898.jpg

今回は純正よりも少し太いミディアムジャンボへ。

IMG_7899.jpg

指板のアールに合わせて、事前にフレットを同じアールに曲げます。

IMG_7900_20180928102500d00.jpg

全てのフレットを切り終え準備完了。

IMG_7901_20180928102501150.jpg

最初に数回ハンマーで打って、その後は専用のフレットプレスで挟み込みます。

IMG_7902_2018092810250331d.jpg

ハイフレット部はプレスで挟み込めない為、写真のようなプレス機で。

IMG_7903_20180928102504775.jpg

最終フレット近辺は、これまた違うプレス機で。

IMG_7904_20180928102547d46.jpg

全て打ち終えました。

この時点でフレットのガタツキがある場合は、叩き直したり、打ち直したり。

IMG_7905_20180928102548c34.jpg

その後ネックジグにかけて、フレット上をフラットに研磨します。

IMG_7906_201809281025506f7.jpg

3点のフレット上にスケールを置いて、3か所のフレット上がガタツキなく平かどうか確認します。

1点が高いとカタカタと段差が出来るので、その箇所をフレット表に書き込んで後に研磨の目安にします。

IMG_7907_20180928102551831.jpg

全てのフレットが平になるように研磨し、様々なヤスリ、コンパウンドで磨き上げます。

IMG_7897.jpg

ナットも新しい物に交換。

今回は牛骨に。

IMG_7910_201809281025547fe.jpg

コンパウンドで磨き上げてピカピカになりました。

IMG_7908.jpg

フレットも全てピカピカ 鏡面仕上げ。

IMG_7911.jpg

ネックが反ってしまい、目一杯トラスロッドを回し切ってしまった物、ねじれてしまったネック、などもフレット交換と同時に指板を研磨する事で、反りを解消する事も出来ます。

最近は減りが少なくスムースなフィンガリングの出来るステンレスフレットも人気がありますね。

フレット交換、指板修正 などは 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG