沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

07月27日 – Fender Japan ST62-TX MH BMT – フレット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_7495.jpg

Fender Japan ST62-TX MH BMT

IMG_7496.jpg

フェンダージャパンのマッチングヘッドバーガンディミスト。

IMG_7497.jpg

かなり弾きこまれており、フレットがかなりすり減っていました。

IMG_7498.jpg

先ずはフレットを丁寧に抜いていきます。

IMG_7499.jpg

なるべくフレット溝を痛めないように、指板にオイルを塗ってゆっくりと抜いていきます。

殆どチップも無く抜けました。

IMG_7500.jpg

フレット交換はネックジグの上で作業するのですが、弦を張った状態のメモリと、フレットを抜いた後のメモリに差がある場合は、フレットが締まり逆反り気味になっている事もあります。

ネック材、指板材、フレットの種類・太さ・長さなどの組み合わせで変わるので、方程式があるようでありません。

その為正確性を求められるフレット交換は、ネックジグ無しでは考えられないですね。

IMG_7501.jpg

フレット交換の際に指板のラジアス値(アール)を9.5Rに変更しました。

オールドのストラトは7.25R。レスポールで12R。
その中間の9.5Rはアメスタに採用されているアールです。

IMG_7504.jpg

デコボコになった指板をストレートのブロックで平にしていきます。

IMG_7505.jpg

アールのゲージを当てながら確認。

IMG_7506.jpg

同時にストレートも確認します。

IMG_7508.jpg

7.25から9.5にしたので、アールのトップの部分の溝が低くなっています。

ここで溝調整を行います。

IMG_7509.jpg

当店で使用しているフレットの種類は、Jim Dunlop、Jescar、三晃、Stumac、Freedom Custom Guitar Researchなど殆どのフレットメーカーを指定可能です。

フレットの硬度はニッケルが一番柔らかく100HV~180HV程度。

Jescarのステンレスは300HVもあり少し硬めのサウンド。

三晃やフリーダムであれば200HV程度のステンレスもあります。

今回は三晃のミディアムジャンボを選択。

IMG_7510.jpg

9.5Rより若干きつめにアールをつけます。

IMG_7511.jpg

各フレット位置に合わせて切り出し、セット完了。

IMG_7512.jpg

フレットは、ハンマーで軽く打ち始め、プレスで圧着。

IMG_7513.jpg

2台のプレスで時間短縮。

IMG_7514.jpg

ハイフレット側は写真のようなジグでプレスしていきます。

IMG_7515_20180726204235e6f.jpg

綺麗に打ち終わりました。

IMG_7516_201807262042378f2.jpg

どれだけ丁寧に作業しても、フレットの高さにバラつきが出ます。

ネックジグに戻し、すり合わせを行います。

IMG_7517_2018072620425669a.jpg

IMG_7518_2018072620425788c.jpg

IMG_7519.jpg

IMG_7520.jpg

IMG_7521.jpg

IMG_7522.jpg

IMG_7523.jpg

ナット溝も低かったので交換致しました。

IMG_7524_20180726204306b93.jpg

フレット交換 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG