沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

04月06日 – GIBSON Custom Shop Okuda Tamio Les Paul OT Special – フレット研磨 ナット交換

Guitar Repair of the Day

リペア10%OFFキャンペーンを始めるとややこしいリペアが増えます。

ややこしいって事は金額的にも高額なリペアなので10%OFFは大きいですものね。

ややこしいのはネック折れが多いんですけど、キャンペーンタイミングを待ってるのでしょうか?^^
折れたギターは直ぐに修理しないと、どんどんリペア費用がかさんできますよ!!

shop-0009-2018.jpg
10% OFF キャンペーン 4月15日までです。
4月8日(日)はお休みさせて頂きます

全ての修理・リペアを10%OFF(税抜き)にて!!
当店でのリペア事例は こちら を参照下さい。

IMG_6163.jpg

Gibson Custom Shop The INSPIRED BY Series Okuda Tamio Les Paul OT Special

IMG_6164.jpg

次に多いのがフレット交換・研磨。

このギターは少し前のリペアでしたが、珍しいカスタムショップの限定物 奥田民生氏モデル。

IMG_6165_20180405211406786.jpg

ところどころフレットが浮いていてデコボコもありました。

発売から10年近く経っているのでフレット研磨します。

IMG_6166.jpg

フレットのがたつき、浮き、研磨の際は、写真の指板フレット表を用いてカタカタのあるポイントを記入していきます。

持ち込まれた時点(弦を張ったまま)、弦を外した状態、フレットプレス後、研磨後、など作業ステージ毎に計測していくと、癖が見えたり、プロセスが分かりやすく作業出来ます。

IMG_6167_20180405211409e12.jpg

フレットのがたつきを計測したらネック冶具にかけて研磨を始めます。

いつものように弦を張ってネックにテンションが掛かった状態をメモリします。

IMG_6168.jpg

弦を外すとネックが逆反り気味になります。

この状態で研磨・削っても、弦を張ってストレート定規で計測すると、フレット上は反りが出ますね。

修理は時として、リペアマンの力量や感、経験にばかり頼らず、機械的に、理屈的に、オートマティックに進める事も大事ですね。

PLEKほどの正確性は無いのでしょうけど、うん千万円のPLEKと 何万円のNeck Jigでの作業。

自動と手動

IMG_6169.jpg

ネックに弦を張ったテンションを加え、フレットのデコボコを削っていきます。

IMG_6170.jpg

研磨後、フレットのトップが平に(横から見ると台形に)なってしまったので、半円のシェイプになるよう、1本1本角を削って丸くします。

私はこの三角やすりのみで最後まで仕上げます。

他にも様々なフレット研磨用のヤスリで試しましたが、これが一番コントロールし易いです。

IMG_6171_201804052114155e5.jpg

角を取って丸くなったフレット。

紙やすり、スチールウール、研磨剤でピカピカに。

IMG_6172_2018040521141689a.jpg

極力削り過ぎないように、高さを保ちつつ、研磨後のがたつきは皆無に。

IMG_6175.jpg

フレットの交換や研磨の後はナットも交換してバランスを整えます。

IMG_6176_201804052114510e7.jpg

研磨後はフレットが低くなるのでナットの溝を削るだけで調整出来る場合が多いですが、同時にフレットの研磨が必要なギターは、一部の弦のナットの溝が極端に低かったりする事も多いです。

IMG_6177.jpg

IMG_6178.jpg

IMG_6179.jpg

フレットの交換、研磨、ナット交換等、お気軽にお問い合わせください。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。

cate-fb.gif
cate-twitter.gif




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG