沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

04月11日 – Seymour Duncan Stratocaster – フレット擦り合わせ

Guitar Repair of the Day

IMG_1751.jpg

Seymour Duncan Stratocaster SSH

セイモアダンカン製のストラト。

IMG_1753.jpg

ESPへのオーダー品なのか当時発売されていたモデルなのかは
分からなかったですが鳴りの良いギターでした。

フレット研磨、ナット交換、POT、ジャック交換を行いました。

ローポジションのフレットが大分削れています。

IMG_1754.jpg

IMG_1755.jpg

ナットも交換します。

IMG_1757.jpg

いつものようにネックジグにてフレットレベルを出します。

IMG_1758.jpg

弦を張った状態で、ネックが完全にストレートになるまで、トラスロッドを調整します。

IMG_1760.jpg

ストレートになったら弦を外し、各フレットの高さを計りながら、研磨するポイントを決めます。

IMG_1764.jpg

ストレートのサンディングブロックにて一通り研磨した後にネックのラジアスに
合わせてフレットのTOP面を調整します。

IMG_1766.jpg

真ん中は削らず両サイドをアールに合わせて落とすイメージで。

IMG_1767.jpg

研磨後、平らになったフレット面を丸い形状にする為、角を落としていきます。

IMG_1770.jpg

IMG_1780.jpg

ナットを新しく作る為、スロットを微調整。

IMG_1771.jpg

今回は牛骨オイルナット。

溝にピッタリ合うまで、調整を重ね、隙間が無くない状態で取り付けます。

IMG_1776.jpg

IMG_1778.jpg

IMG_1782.jpg

何度も仮弦を張っては高さを調整し、溝を掘っていきます。

IMG_1779.jpg

IMG_1785.jpg

ネックジグで研磨した場合、弦を張った状態で完全にネックが
ストレートになるまで微調整を行い、その状態を保ったままフレットを
研磨出来るので、フレットを押さえた時、ボイシングが本当に綺麗に鳴ります。

研磨でフレット高のバラつきも無くなるので、かなり低い弦高にセッティングする事も出来ます。

ストラトのフレット研磨+ネック調整+ブリッジ調整は10,800円~から行っています。

IMG_1786.jpg

IMG_1787.jpg

20年以上変えていないPOTやジャックは交換しました。

IMG_1783.jpg

IMG_1784.jpg

IMG_1788.jpg

IMG_1789.jpg

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG