沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

03月27日 – Fender Japan Telecaster – フレット、ナット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_9186_201703271047296af.jpg

Fender Japan Telecaster

IMG_9187_20170327104730626.jpg

IMG_9188_20170327104732181.jpg

少しガタついてきたフレットを研磨で無く交換(交換後の塗装はせずに)、とナット交換。

IMG_9189_201703271047338da.jpg

IMG_9190_20170327104735cf8.jpg

メイプル指板の場合通常はフレット交換後にクリアーにて塗装を行うのですが、予算の都合や指板のやけた色味が気に入っているので塗装を希望しない方もいらっしゃいます。

IMG_9191_20170327104805712.jpg

その場合、指板の歪みやバラつきを研磨せずにフレット交換を行わなければならないので、ギリギリまで指板上の塗装されていないフレット打ち込み面を平らに研磨し、なるべく高さにバラつきが出ないようにフレットを打ち込んでいきます。

IMG_9192_20170327104807ec5.jpg

IMG_9193_20170327104808548.jpg

それでも指板上の平行が出ていない為、フレット上面の高さはあっていません。
削る事を見越して仕上がりのフレットサイズより若干高めのフレットを打ちました。

IMG_9194_201703271048106c6.jpg

指板上にガタツキが出ないように、丁寧に面を出していきます。

IMG_9195.jpg

IMG_9196.jpg

試しに1本打ってみて様子をみます。

IMG_9197.jpg

ハイフレット側は専用のプレス冶具を使います。

IMG_9198.jpg

ローフレット側は、挟み込むプレスを使用します。

IMG_9199.jpg

一つ一つ高さを図りながら、必要なら指板のラジアスに合わせたプレスヒートンを使って叩き込みます。
特にエンド側のバラつきが出ないよう、ここで叩いて調整。このあとプレスで抑え込むのは、タングが指板のフレット溝に食い込んで馴染むまで、フレット1本につき10分位はさみます。

IMG_9200.jpg

IMG_9201.jpg

全て打ち終わって、エンドをカットした状態。

IMG_9203.jpg

切りっぱなしの角を角度をつけるために、こんなファイルで削ります。

IMG_9204_201703271049482e5.jpg

こんなイレギュラーな作業が出来るのもネックジグがあるから。

ネックジグがあれば、弦を張った状態で最終的なフレットの平面を図ることが出来るので、塗装無しでも(指板を研磨しなくても)フレット上は綺麗に平行な状態で仕上がります。(但し、指板とフレットの高さはバラつきがあります)

IMG_9205_201703271049493f6.jpg

IMG_9206.jpg

IMG_9207.jpg

フレットの研磨後、フレットの高さに合わせてナットを製作します。

IMG_9208.jpg

今回はペグも交換します。

IMG_9209_201703271050174ff.jpg

純正から、ゴトウ製のロック式ペグに交換。

IMG_9210_201703271050195e4.jpg

IMG_9211.jpg

IMG_9212.jpg

IMG_9213.jpg

作業は通常よりも時間がかかるので、指板の塗装を落とし、指板をフラットに研磨、塗装、のほうが楽かもしれません^^

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG