沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

YAMAHA SG-2000 – フレットすり合わせ、ナット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_5491.jpg

YAMAHA SG-2000

IMG_5493.jpg

ヤマハのSGシリーズ2000。

IMG_5494.jpg

70年代後半に発売されたSG-2000。

セットネック、ハムバッカー2発でレスポールやSG風な仕様ですが、コイルタップが搭載されていて、ノブをプッシュ-プッシュさせて切り替えられます。

IMG_5495.jpg

こちらは長い事弾かれていたようでフレットはところどころ減りが酷くビビりが生じていました。
今回はすり合わせとナット交換を行いました。

IMG_5496.jpg

一旦ネックの状態をチェック。

かなり順反りになっていました。

トラスロッドもかなりいっぱいいっぱいでしたが、なるべくストレートに近いところでセット。

IMG_5497.jpg

この状態でネックジグにセットし、すり合わせを行っていきます。

IMG_5498.jpg

弦を外し、ゲージの0の位置になるようセットし、マスキング、研磨準備完了。

IMG_5499.jpg

先ずはフレットトップの高さが均一になるようストレートブロックで研磨します。

IMG_5500.jpg

半円だったフレットの形状は、トップを研磨する事によって台形のような形になります。

IMG_5501.jpg

これを写真のようなやすりにて、台形の角を削り、徐々に半円になるように1本1本シェイプ。

IMG_5503.jpg

半円状態に整え磨き終わった状態。

IMG_5504.jpg

この高さのフレットに合うようにナットを作り直します。

IMG_5505.jpg

ナットスロットにぴったり収まるようにフィッティングチェック。

少しきつい位の収まり感。

IMG_5506.jpg

弦を張って溝を調整し完了。

IMG_5507.jpg

IMG_5508.jpg

IMG_5509.jpg

フレットのすり合わせでガタガタだったフレットトップは均一にフラットになるのですが、すり減った一番低いフレットに合わせるので弦高がかなり低くなってしまう事もあります。

新品で購入してから、1~2回のすり合わせが限界で交換のほうが良い場合もあります。

ギターやベースのフレット研磨、すり合わせ、交換 等は 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG