沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON Les Paul Custom – フレット研磨

サウンドハウス

GIBSON Les Paul Custom

Guitar Repair of the Day

GIBSON Les Paul Custom

90年代に入ってからのレスポールカスタムです。

いくつか特定のフレットに詰まりがあったので
フレットすり合わせ&ネック調整を行いました。

ローポジションのフレットは、かなり磨り減り凸凹が気になります。

当店ではすり合わせ・フレット交換の際には、写真のネックジグを使用します。

通常弦を張った状態でストレートを保つよう調整されているネックですが、
弦を緩める・外すとネックに掛かるテンションが緩くなります。

上の写真の場合、通常弦を張るとヘッドがブリッジ側に引っ張られてネックが
順反り気味になるのですが、弦を外すと今度は反対にヘッドが戻り、逆反り気味になります。

弦を外して作業する際に、常にストレートな状態を保つよう、これらの反りの
誤差を無くして、すり合わせ・フレット交換の作業を正確に行う事の出来る器具が、
上の写真にあります ネックジグ です。

上の写真のようにギターに弦を張った状態でネックのトラスロッド調整を行いストレートにします。

この状態をデフォルトとし、メモリを 0 の位置に設定。

その後弦を外した状態でネックとヘッドを調整し 0 の位置にします。

これで弦を外した時も、弦を張った状態と同じテンションがネックに掛かり、
ストレート状態を維持し、作業が行えます。

丁寧にマスキングを行い

各フレット間の段差、高い部分と低い部分を計測し、研磨します。

やすりで2000番まで研磨、その後スチールウール、コンパウンド、処理を行います。

ギター、ベース等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

サウンドハウス


NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG