沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

02月22日 – GIBSON ES-335 – ネック折れ 補強修正

Guitar Repair of the Day

IMG_9261.jpg

GIBSON ES-335

IMG_9262.jpg

ギブソンのES-335。

以前にギターを倒して折れてしまい、他店にて修理を行ったけど修理後数週間で亀裂が入ってしまった、という依頼でした。

IMG_9260.jpg

修理前の写真を見せて頂きましたが、かなり深く折れていました。
但しその時は接着だけで対応したようです。

IMG_9263.jpg

現在の状態がこちら。

IMG_9265.jpg

何故か塗装がブクブク浮いていて、接着の割れ目上が膨らんだり凹んでいたり。

IMG_9266.jpg

今回は一旦塗装を剥がし前回の継ぎ目をチェックして、新たに補強を入れて塗装する事にしました。

IMG_9267.jpg

塗装を剥がして割れ目に水をかけるとこんな感じ。

接着自体は綺麗についているようです。

ただ右側は隙間が出ていますね。

IMG_9268.jpg

補強を入れる為トリマーで穴を開けます。

IMG_9269.jpg

この冶具もそろそろ作り変えなければ・・・

IMG_9270_20190222110532cae.jpg

右と左で長さを変えてみました。

IMG_9273_201902221106487e5.jpg

今回はメイプル材を補強材として使用。

穴にぴったり合うように加工して接着・クランプします。

IMG_9274_20190222110650b79.jpg

数日間固着し余分な部分を削った状態。

IMG_9276_201902221106516e0.jpg

目止めを行ってから塗装室で着色。

IMG_9277_201902221106536c6.jpg

ウッドシーラーを吹いてからサンディングシーラー

IMG_9278_20190222110654e3c.jpg

その後タバコブラウンを重ねてバースト仕上げ。

IMG_9279_20190222110656e34.jpg

IMG_9283_20190222110659fd8.jpg

IMG_9284_2019022211070061c.jpg

IMG_9285_201902221107028ec.jpg

塗装も何度か乾燥期間を変えて完全硬化した後、さらにトップを吹いています。

IMG_9281_20190222110657dcd.jpg

ネック折れの修理は”絶対”とは言い切れない難しさがあります。
ケースによっては接着によって以前の状態より切れ目部分の強度が上がるので、軽い衝撃などがあった場合新たにヒビが入ったり折れる事もあります。

また継ぎ目部分を完全にシーラーで埋めて塗装しても、境目が出てくることもあります。

ネック折れの修理を行った場合、音質的に変化しますか?
という質問を必ず頂きますが、修理後のネックは弦振動が落ちる事は無くサウンドは変わらないと思います。

補強を入れた場合は若干ですが重量が増えるのでサスティンに変化はあるかもしれません。

エレキギター、ベース、アコギなどの ネック折れ、ヒビ などはご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG