沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Morris S-107 – 力木ブレーシング剥がれ

Guitar Repair of the Day

IMG_1248.jpg

Morris S-107

IMG_1249.jpg

モーリスの中でも高級モデルなアコギSシリーズ。
立ち上がりが早くてダイナミクスの大きいサウンドです。

IMG_1250_20190614104756fc5.jpg

アコギを弾いていて「低音が出なくなった」「サスティンが減った」「異音がする」などの症状はありませんか?

アコギのボディの中にはブレーシング・力木(ちからぎ)と呼ばれる板が張られています。

裏板は横に4本の物が多く、表板はバッテン・クロスして数本の力木が張られています。
これらが接着されている事で弦の張力によるたわみや歪みから守られています。

また力木の太さ強度などにより振動が変わる為、音の鳴りに非常に影響する部分です。

湿気の多い場所で保管すると湿度により水分を含み木材が膨張します。
湿度が下がった際には木材から水分が抜け縮みます。
これらを繰り返し湿度差が大きくなると接着部が剥がれてきます。

IMG_1252.jpg

ギターを弾くと裏板からビビり音がするなどの場合、裏板を指の関節部で叩いてみて下さい。
接着がくっ付いている部分は「カンカン」「コンコン」と響きが綺麗に鳴りますが、接着が外れ力木が浮いている部分は「ボワンボワン」「ベンベン」「ボンボン」などのように異音がします。

こうなったら早急に弦を緩めるか外し修理が必要です。

これらを放置しておくとボディが歪み、表板を支えているバランスが崩れ表板の下部が膨らんできます。

弦高が高くなったので見て欲しい、と言って持ち込まれるギターで下部が膨らんでいるものは、大抵ブレーシングが浮いて・外れています。

さて今回のギターは

IMG_1255_20190614104759e82.jpg

今回のギターの裏板は横に4本で無く下部はクロスとサイドに2本。

裏板を表から叩くと、とてつもない異音。
まるでスネアのスナッピーのような共鳴音。

IMG_1256.jpg

ブレーシング部分にスクレーパーを入れるとご覧のようにスッと入ります。

IMG_1257.jpg

今回は裏板の全てのブレーシング部に剥がれがありました。

IMG_1258_20190614104803345.jpg

一番奥の一番角・・・

腕が入らないエリアです。

IMG_1259.jpg

そんな時はこんなジャッキアップを使用。
アームが付いているので奥まった場所でも上下にテンションを掛けて接着させることが出来ます。

IMG_1260_20190614104806fcc.jpg

中から上下に持ち上げると表板・裏板が膨らんでしまうので、表からもクランプをして外れた力木だけにテンションを加えます。

これだけ外れた個所が多いと、膨大な時間が掛かります。

IMG_1253_2019061410490174c.jpg

沖縄もエリアによって湿度差があるのですが、相対的に湿度が極度に高いエリアです。

特に海側にお住まいのある方は、どんなに湿度対策を施しても、50%を下回ることはほぼ無理です^^

湿気が多いままケースに長期間放置してしまうと、このように塗装が白濁してくることもあります。

IMG_1262_20190614104903d72.jpg

表面ではなくて奥が白く濁っています。

IMG_1263_20190614104904b46.jpg

着色部、インレイの限界までトップを剥がし、それでも残る白濁部は熱を加えます。

この後トップを再塗装して完了。

IMG_1254.jpg

ボディサイドにぶつけたような凹みがありました。

IMG_1266.jpg

裏板もいくつか傷や凹みが。

IMG_1267.jpg

IMG_1268.jpg

IMG_1269.jpg

こちらはタッチアップ塗装でほぼ目立たなくなりました。

IMG_1271_20190614104913391.jpg

裏も気にならないレベルに。

IMG_1272_20190614104915e17.jpg

サイドは着色部まで達していたので白くなっていますが、表面は全くデコボコもなくフラットです。

IMG_1273_201906141049512ff.jpg

ナットも交換しました。

隙間無くぴったり製作します。

IMG_1274.jpg

IMG_1275_20190614104954891.jpg

IMG_1276_20190614104956cdc.jpg

サドルも再度成形してピッチが合うようにしました。

IMG_1277.jpg

完成して音を出してみると、力木が外れていた際にいかにサスティンが失われ音量が損なわれていたのか。

全国的にも梅雨の時期に入り、ギターの水分含有量が増える季節です。
膨張したギターをケースにしまいっ放しにしていると危険ですよ!!

アコギの修理、メンテナンス などはお問合せ下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG