沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Fender American Standard – ナット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_8964_201907241019262c6.jpg

Fender American Standard

IMG_8967_20190724101927de8.jpg

フェンダーのアメスタ。

IMG_8968_20190724101928c49.jpg

フェンダーのストラトの中でも定番中の定番。
ミディアムジャンボのフレット、22フレット、ノイズレスピックアップ、ナイフエッジトレモロ。

どんな時代のジャンルにも合うバランスの良いモデルです。

IMG_8969_20190724101930b88.jpg

今回はナットがビビるという依頼。

様々な種類のギターが発売されていますが、形状、セッティング、使用方法、スタイル、などの質、量、組み合わせでナット溝の減りが変わるようです。

余り弾かないギターのナットはほとんど減らないように使用頻度の多いギターのナットは消耗が早いです。
またアームを多用する場合は特に減りが早いですね。

ナットのアールと指板のアールとブリッジのアールが合っていない場合も、完全にセッティングされた状態のギターよりも弦がナットに掛かるテンションがきつくなる為減りが早まります。

ビビりは突然起こる訳では無いので、これらの要因の組み合わせから自分の状態を確認する事でメンテナンスの時期が見えてきます。

ナットの溝が低くなってビビりが出ている場合は交換が必要なのですが、その前に違和感を感じてメンテナンス出来れば、溝調整、トータルのセッティングを正す事で消耗を遅らす事も出来ます。

弦交換の際には必ず指板の掃除、フレットやナット溝の状態確認を行ってみて下さい。

IMG_8970_2019072410193195e.jpg

今回は牛骨のナットを使いました。

IMG_8971_201907241019333dc.jpg

接着剤を付けなくても溝にぴったりと切り出して加工したナットは弦振動の伝導が高まりサスティンも多くなります。

溝にぴったりと合うまで細かな調整を行っていきます。

IMG_8972_201907241019343c6.jpg

ギターのメンテナンス、ナット交換、修理、改造 などは お問合せ下さい。

メールの方は こちら から




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG