沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

03月15日 – Gibson Les Paul Studio ヘッド折れ

Guitar Repair of the Day

IMG_9225_20150315193633185.jpg

GIBSON Les Paul Studio / Broken Neck

今年はギターネック折れが多く、現在5台も修復中・・・

レスポールは特に折れやすいですよね。

IMG_9226.jpg

もし倒したりして折れてしまった時は、その場で直ぐに弦を外して下さい。
そして直ぐにリペアショップへ持ち込みましょう。

写真のような状態で弦が引っ張る力で折れたヘッド部TOP面の突板が曲がってしまったりします。

時間が経つと修復も、時間と修理代が増えてしまいます。

IMG_9229.jpg

IMG_9230.jpg

こちらのレスポールは、裂けた面が綺麗な状態だったので、このまま接着して様子を見ます。

IMG_9231.jpg

IMG_9232.jpg

ぱっくり開いた 隙間にハケで接着剤を塗ります。

IMG_9234.jpg

そしてクランプにて挟み込み、隙間から出てくる接着剤をふき取り、このまま放置。

IMG_9236.jpg

IMG_9238.jpg

3週間ほどクランプして様子を見ましたが、ほぼ問題無くくっ付いていたので、
今回は補強埋め込み無しで、このまま塗装へ。

削ってから導管を埋めてみると、全く裂けた断面が分からなくなりました。

IMG_9304.jpg

チェリー系のステインで色付けし、サンディングシーラー、その後着色したクリアーにてグロス仕上げ。

シースルー具合が中々難しいですね。

IMG_9305.jpg

乾燥後、研磨してみると、ほとんど分からないレベルに。

IMG_9308.jpg

色味もそんなに違いが無いですね。

IMG_9309.jpg

但し、弦を張った状態でヘッドTOPが曲がった状態が長かったせいか、TOP面に
曲がった跡が付いてしまいました。

IMG_9224_2015031519391754c.jpg

今回はTOPの塗装はせずに、研磨、バフのみにて仕上げ。

IMG_9311.jpg

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG