沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Guitar Repair of the Day

Martin D-1

マーチンのD1。

サイド、バック、ネックにマホガニーを使用したモデル。

カラッとした明るいサウンドです。

ナットの溝がかなりすり減っており、1弦と2弦は1フレットに当たっているのでビビり音が目立ってきたのでナットを交換しました。

各弦の溝がかなり広いのが分かります。

4弦と2弦のペグ側の溝の広さが見えるでしょうか?

弦を弾いた後の共振でこの部分が鳴りだします。

今回は牛骨ナットへ交換します。

先ずはナットスロットにぴったりはまるように成形し、高さを落とします。

ナットスロットに収め隙間が無いのを確認。

微調整しながらキツイ位のフィット具合で納めます。

その後トップのスロープを調整し弦の溝を掘っていきます。

弦を張って溝の深さを微調整。

ナットのビビりは開放弦を弾いた時の状態で確かめます。

ネックがストレートでフレットに浮きもなくナット溝に隙間が無い場合、弦を弾いて弦が振動している時に綺麗に開放の音が鳴ると思います。

ネックが逆反りの場合は9~12フレット近辺に弦がぶつかる事で金属音が生じます。

弦の太さに対してナットの溝が広い場合は溝から軋むようなビビり音が聞こえます。

ナットに対し正しいゲージの弦、ストレートなネックの状態、デコボコの無いフレットの状態をキープしてみて下さい。

弾きづらい、ビビり音がする、弦高が高い、押えにくい、などはコンディションが崩れたサインです。

アコギの調整、ネック調整、ナット交換、弦高下げ 等は是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG