沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Morris W-50 – ネック調整、サドル調整

サウンドハウス

Morris W-50

Repair of the Day

Morris W-50

70年代に発売されたモーリスのTFシリーズ。

その当時でも高級機種と呼ばれるほど、贅沢な仕様。

サイドとバック板、指板はハカランダローズウッド。

ブロックのポジションマークは豪華なアバロン。

発売から40年以上経過した現在、とても良い鳴りです。

弦高

但し弾いていなかったようでボディトップは少し変形気味。

ネックもかなり順反りでした。

ネック調整

先ずは少しづつトラスロッドを締めてネックを真っすぐにします。

ギターによってトラスロッドの効き方はまちまち。

現在の状況を見極めながらゆっくりトライします。

完全に真っすぐになった状態にすると、後から逆反りが始まる事も。

少し様子を見ながらストレートが落ち着く場所まで持っていきました。

ブリッジ サドル

続いてサドル部。

ネックが真っすぐになったので大分弦高は低くなったのですが、ピッチの精度がいまいち。

本当は作り直すのがいいのですが、サドルのアールを整えつつ、オクターブ調整も。

サドル成型後、ブリッジピンをブラスへ交換しました。

弦はフォスファーブロンズに。

カラッとしながらも、低音はもたつかず抜けの良い感じ。

調整後の弦高

あくまで目安ですが、12フレット上で 2.5mm程度になりました。

指板、フレットもバフ掛け研磨してピカピカに。

ボディもピカピカになって見違えるようです。

ネックがストレートで、ナットとサドルの高さが適正な場合のみ、12フレット上の高さで基準が出せます。

ネックが順反りで調整せずに、サドルだけを削って12フレットが2.5mmになっても、必ずビビるポイントがあるはずです。

弦振動を稼ぐにはある程度の弦高は必要です。

弦高が極端に低いと弦がフレットに当たってしまい、弦振動を殺してしまいます。

年齢を重ねるにつれ、ギターのコードが押さえ辛くなってくる一番の要因は ”握力”

握力が落ちたので、弦のゲージを細いものに変えたり、弦高を下げる傾向がありますが、継続して握力の維持も続けたいですね。

DELLING デリング ハンドトレーナー 1.8~3.2KG 各指調節可能 ピアノ ギター ベース 弦楽器 ギター 練習 指 筋トレ グッズ 軽量 携帯型 握力 トレーニング ブラック

新品価格
¥699から
(2021/10/22 10:56時点)

最近はパソコン中に右手でマウスを持ちながら、左手はこれでニギニギしています。

ギター、等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス



NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG