沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

09月28日 – Takamine DMP551C – サドル調整

Repair of the Day

IMG_1306_20170928212437f01.jpg

Takamine DMP551C

IMG_1309.jpg

タカミネのアコギ。

弦高が高すぎて弾きづらいのでサドルを下げて欲しいという依頼。

IMG_1310_2017092821244059f.jpg

こうした依頼はとても多くて、皆さん6弦の12フレット上を計測して3.0mmで、とか2.5mmで、とかコンマ単位で指定される方が多いです。

但し12フレット上だけの値でサドルを調整をしても他に原因がある(調整の必要がある)事がほとんどです。

IMG_1311_20170928212441b99.jpg

サドル部は見た目、少し高い気もします。

IMG_1313_20170928212443ffa.jpg

まずこのギターの場合は、ネックがかなり順反りでした。

IMG_1314.jpg

これをストレートに調整した後計測すると3.5mmほど。

IMG_1315.jpg

ナットとの高さを考えるとストロークでは気持ちのいい弦振動なのですが、少しフィンガリング時にテンションがあるのでサドルを削って下げました。

IMG_1316_20170928212447dc2.jpg

写真のサドル調整専用の治具を使うと、1分かからず希望の位置に下げられます。

IMG_1317.jpg

最終的に3.0mm少し切る位で終えました。

IMG_1318.jpg

IMG_1320.jpg

弦高が低ければ低いほどフィンガーピッキングなどでは力を入れずスムーズにフィンガリング出来ますが、楽器本体が鳴っているかといえば、弦振動の幅が無い(フレットに当たる)為、鳴らしきってはいない状態です。
これはエレキも同じですね。

これらの調整を追い込むには、指板、フレット、ナット、サドル、の調整が必要で、場合によってはナットの交換が必要な場合もあります。

最終的にはお客様の好みですが、そのギターにあった適正な弦高があるので店頭にてご相談下さい。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG