沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Roland JC-120J – オーバーホール

Amp Repair of the Day

IMG_3765.jpg

Roland JC-120J

IMG_3766.jpg

ローランドのジャズコ―ラス。

IMG_3767.jpg

JC-120はスタジオやライブハウスで多く使われているモデルです。

IMG_3768.jpg

ジャズコは年代によってマイナーチェンジしており若干仕様が違います。
初代は1975年、電源がピンスイッチタイプの物。
ブライトスイッチが無く最近はほとんど見かけないです。

こちらのモデルはスイッチがボタン仕様になりエフェクトループが付いています。

初期のモデルと比べると若干サウンドがスッキリした印象。

IMG_3769.jpg

今回はポットのガリが酷いのと電源部のオーバーホールを行いました。

この事例がいい見本なのですが、写真のように適正なポイント、このみの位置などにマーキング、目印をするケースも多いと思います。

でもこの位置近辺でガリが出るケースも非常に多いです。

固定した位置に埃等が溜まり、そこに湿気が溜まり、錆びが生じ、ポット内部のカーボン抵抗が削れガリになります。

アンプを使用した後は、必ずつまみの位置を “0” の値に戻して下さい。

IMG_3770.jpg

中期のモデルの特徴はシャーシ内部にリバーブパンが搭載されています。

基盤のレイアウトも初期と比べると位置が違います。

IMG_3773.jpg

プリ部の基盤も小さくパーツも当時の汎用のセレクト。

ポットも小さなものですね。

IMG_3774.jpg

電源基盤内の劣化パーツを交換。

IMG_3775.jpg

IMG_3778.jpg

IMG_3779.jpg

20年以上経ったアンプは各所のパーツが急激に劣化していきます。

使用頻度にもよりますがライブハウス、ミュージックバー、スタジオなどで使用しているジャズコはメンテナンスのご相談下さい。

メールの方は こちら から


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG