沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

02月29日 – B.C.RICH C.J. PIERCE SIGNATURE PRO X EAGLE – フレットすり合わせ

Guitar Repair of the Day

IMG_1340.jpg

B.C.RICH C.J. PIERCE SIGNATURE PRO X EAGLE

IMG_1343.jpg

フレットすり合わせ

IMG_1344.jpg

マホガニーのスルーネック仕様。
非常にバランスの良いギターですが、フレットの高さにバラつきが出ていたので、
いつものようにネックジグにてすり合わせを行いました。

その前に、ピックアップセレクターのセンターの音が出なかったのでセレクターを交換。

IMG_1345.jpg

ネックジグの上にギターを置き、水平器を見ながらネックジグを水平にセットします。

IMG_1347.jpg

弦を張った状態でゲージの目盛りを0にセット。

IMG_1350.jpg

指板が多少、順反りだったのでトラスロッドを調整。

IMG_1351.jpg

だいたいフラットになったところで、ネックジグに固定し、弦を外します。

IMG_1352.jpg

弦を外した状態で、先ほどの0目盛りになるように、ヘッドにテンションを加えます。

IMG_1353.jpg

フレットの高さを確認し、前後のフレットより高い部分に マジックでマーキング。

IMG_1354.jpg

その後、マーキングしたマジックが消える(高い場所が無くなるように)
軽くフレットのトップを研磨して 平らにします。

IMG_1355.jpg

研磨後は、写真のように フレットのトップが削り取られ平らに(同じ高さに)なります。

IMG_1356.jpg

その後フレットを1本1本丁寧に研磨し楕円のカーブに仕上げます。

IMG_1359.jpg

IMG_1360.jpg

IMG_1361.jpg

高さの揃っていないギターは、押さえた時のピッチも不安定で音の立ち上がりもバラバラになります。

ネック、フレット、ブリッジ、ナットを徹底的に追い込んで調整したギターは、コード・単音問わず、
出力されるサスティーンも向上し、再生周波数も広がります。

弾く頻度にもよりますが、半年~1年に一度位は調整を行い、このようなセッティングを維持してみてはいかがでしょうか?

IMG_1362.jpg

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG