沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Taylor 314 – ブレーシング浮き修正

Guitar Repair of the Day


style=”display:block”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-layout-key=”-gg-1r+69+u-j2″
data-ad-client=”ca-pub-2474589172985070″
data-ad-slot=”1613202096″>

IMG_0857_2020111311044640a.jpg

Taylor 314 – Loose Bracing

IMG_0858_20201113110447e70.jpg

テイラーのアコースティックギター 314。

IMG_0859_20201113110449cf2.jpg

テイラーの中でもポピュラーなモデルですね。

IMG_0860_2020111311045002e.jpg

弦高に違和感がある、ビビりがある、との依頼でした。

ボディのブリッジ後ろを触ると、膨らんで盛り上がっています。

IMG_0861_20201113110451486.jpg

サイドとの高低差はこんな感じ。

こんなケースの場合、ギターの裏板を指の裏でコンコンと叩いてみて下さい。

叩く場所は、裏板の内側の面に横に這わせてある板(ブレーシング・力木)に沿って叩いてみます。

力木と裏板がぴったり隙間なく接着されていると、カンカンという高いピッチのサウンドになります。

一方、力木と裏板の接着が剥がれたり、隙間があると、ボンボンやボワンボワン、ベンベンなどの音が聞こえます。

この音が聞こえる部分のブレーシング箇所に剥がれがある事が多いです。

ブレーシングが浮いたり剥がれる事で、裏板が変形し横板、表板に引っ張られ、ブリッジ近辺が高くなるのです。

ブリッジのサドルを削るだけで直ると思っていても、変形には曲がった根本の理由があったりします。



style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-2474589172985070″
data-ad-slot=”8865006156″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”>

IMG_0862_20201113110453463.jpg

隙間のあった音の箇所にスクレーパーを突っ込んでみると、見事に隙間があります。

これでは変形もするし、裏板がきちんとくっ付いていないので低音の鳴りもなくなります。

IMG_0863_202011131104552ed.jpg

逆サイドのブレーシングにも隙間が。

IMG_0864_20201113110456e7a.jpg

こちらも完全に剥がれています。

IMG_0865_20201113110457f46.jpg

隙間のある部分に接着剤を入れ、ジャッキで持ち上げ密着させます。

IMG_0866_202011131104596be.jpg

上からも軽くクランプし密着度を高めます。

IMG_0869.jpg

チェックしてみると、表板のブレーシングにも隙間が。

こちらも接着します。

IMG_0872_2020111311053479d.jpg

表板、裏板の変形が納まるだけで、1mmほど弦高が下がりました。

IMG_0871.jpg

トップの歪みもこの通り。

本当に本当に多い質問の中に、「弦高は何ミリでお願いします」という要望。

確かに低い方が運指もし易く、フィンガリングがスムーズになります。
但し、開放時の弦振動が極端に少なくなっている場合や、他の部分の基準が出ていない場合がとても多いです。

ネックのねじれ、ナットの高さ、指板のストレート、フレットのストレート、ブリッジ・サドルの高さ、ネックの仕込み角、ボディの変形、などなど

これらの一部の基準が出ていない場合、弦高を下げてもどこかに違和感が出てきます。

これらの”ずれ”は、ギターの保管方法によって起こるケースが一番多いのですが、その”ずれ”を日々感じる事によって、大きな”ずれ”にならずに済みます。

違和感を感じたら診察を!!
体と同じで日々のメンテナンスが大事。
調子が悪いと思ったら病院へ。

アコースティックギターの弦高調整、ブレーシング浮き、力木修正、メンテナンス、修理、メンテナンス、調整、等はご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743

全国からの修理、改造など受け付けております。

沖縄県外から修理を依頼される場合は、必ずメールか電話にて状態をお知らせ下さい。
その後発送方法等をお知らせいたします。



style=”display:inline-block”
data-ad-client=”ca-pub-2474589172985070″
data-ad-slot=”7465715459″>
data-full-width-responsive=”true”>





style=”display:inline-block”
data-ad-client=”ca-pub-2474589172985070″
data-ad-slot=”7803608874″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”>


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG