沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON J-45 Limited – ブレーシング修正

Guitar Repair of the Day

IMG_9076_20200703112028e2b.jpg

GIBSON J-45 Limited

IMG_9079_202007031120304a9.jpg

ギブソンのJ-45。

IMG_9081_20200703112031c17.jpg

レギュラー仕様では無くリミテッド。

通常J-45のボディトップはソリッド・シトカスプルースという材が使われていますが、こちらのリミテッド仕様はアディロンダック・レッドスプルースという材を使用しているようです。

サイドとバックはマホガニー。

IMG_9082_202007031120339f3.jpg

アコギの修理の依頼で多い症状が「弦高が高い」ので下げて欲しいというもの。

ネックの反り修正だけで直るものもあればボディが変形しているものまで。

今回のケースはボディ内の力木(ブレーシング)がほとんど浮いているケース。

表も裏もボワンボワンでした。

トップはこのように変形が。

IMG_9083_20200703112034498.jpg

中のブレーシングは殆どの箇所でスクレーパーが入る隙間があります。

IMG_9084_20200703112036fc5.jpg

一箇所ごとに接着剤を付けて固定。

IMG_9085_20200703112037628.jpg

全部の箇所をやるのは初めてです^^

IMG_9146_2020070311203912e.jpg

トップとバックは木でクランプして挟み込み、内部は専用の工具で抑え込みます。

IMG_9231_20200703112218852.jpg

トップ材の裏側も隙間が沢山。

IMG_9248_202007031122195bd.jpg

中に鏡を入れて確認しながら接着剤を塗っていきます。

IMG_9284_20200703112221f60.jpg

ピックガードもかなり変形していました。

剥がしていくと内部のべっ甲のプリントが剥がれてきたので交換しました。

IMG_9415_2020070311222203b.jpg

ちょっと柄が違うけどぴったり合いました。

IMG_9416_20200703112224861.jpg

12フレットエリアで5mmほどあった弦高は2.5mm位まで下がりました。

ブレーシングが外れてトップとバックが浮いていたのでこれ程弦高が上がっていたのですね。

IMG_9417_20200703112225197.jpg

アコギは弦高が上がった、と言ってもケースによっては根本の症状を直さないと改善しない事が多いです。

弾いていて違和感を感じたら直ぐに修理に出したほうが良いですよ。

まだ大丈夫と思ってケースに入れていると、木が収縮を繰り返し接着が剥がれてしまいます。

ギター、等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス



NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG