沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

11月20日 – Morris アコースティックギター – ブレーシング剥がれ+ブリッジ浮き

Guitar Repair of the Day

IMG_3116.jpg

Morris Acoustic Guitar

IMG_3117.jpg

モーリスのアコギ。

IMG_3118.jpg

ブリッジ浮きと異音がする、というケース。

こういう症状は原因が繋がっている事がほとんどです。

弦の波力でボディに歪みが生じ、トップorバック板を支えているブレーシングが剥がれ、トップ板が膨らんできて、ブリッジに浮き(剥がれる)という連動した症状になります。

ブレーシングが剥がれると、バック板との隙間から異音(共振)が出てくるので、弾いた感じ違和感があります。

ボディ内部の横板がある部分の上をコンコンと叩いてみて明らかに鈍い音、スネアのスナッピーの様な音がしたら、大体ブレーシングに隙間(剥がれて)があると思います。

IMG_3119.jpg

ブリッジはかなり隙間がありますね。

IMG_3120.jpg

横から見るとこんな感じ。

IMG_3121.jpg

今回はブリッジを剥がして、張り直します。

いつものようにヒーターで温めながら剥がします。

IMG_3122.jpg

時間をかけてゆっくりと、スクレーパーを入れながら剥がしていきます。

綺麗に剥がれました。

IMG_3123.jpg

次は内部チェック。

ブレーシングのはじっこは、ほとんど浮いていました。

IMG_3124.jpg

ここも

IMG_3125.jpg

ここも

IMG_3126.jpg

今回はこのようなリフト固定用のアームを使います。

他にも自作リフトも用意。

何せ浮き箇所が多いので使用する冶具も沢山。

IMG_3127.jpg

2か所の浮いているブレーシングの上に棒を置き、その上からリフトで押さえます。

IMG_3128.jpg

ボディ上面はフラットとなるように、自作のクランプでブレーシングの上から押さえます。

IMG_3130.jpg

小さなリフトも使って押さえます。

IMG_3131.jpg

何日かに分けて順番にクランプ作業。

トータル4回、1週間かけてここまできました。

IMG_3132.jpg

その後フラットになったトップ板に、綺麗に研磨したブリッジを再び接着します。

IMG_3133.jpg

両面に接着剤を塗り

IMG_3134.jpg

クランプで抑え込みます。

IMG_3135.jpg

まんべんなく、たっぷり接着剤を塗り、はみ出てきた部分をふき取ります。

IMG_3136.jpg

浮いていたブリッジも、綺麗に接着完了。

IMG_3137.jpg

ただ接着するのでは無く、盛り上がったトップ板をフラットに戻し、接地面が平らになってから接着しないと、また剥がれてきます。

これだけ綺麗にくっつけば大丈夫。

IMG_3138.jpg

接着後も、すぐに弦を張るのではなく数日置いて、また徐々にチューニングを上げて鳴らしていきます。

IMG_3139.jpg

ここまですれば、持ち込まれた時のサスティンの無い、つまった印象のサウンドから一転、カラッとした抜けるサウンドになりました。

日々アコギを弾いていて、出音に違和感を感じたらメンテナンスに出して下さい。症状が浅いうちにボディに掛かる歪み(負担)を抑えないと、結局高い出費(メンテ費用)になってしまいます。

細かな修理内容のご相談、金額の確認、などお気軽にお問い合わせ下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG