沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON ES-335TD – PU交換、フレット研磨、POT類交換

Guitar Repair of the Day

GIBSON ES-335TD

70年代後期の335。

ピックアップ交換

ピックアップの切り替えトグルスイッチが2か所あります。
一つは通常の切り替え、もう一つはタップスイッチ。

純正のピックアップを見てみると、中で2芯+2芯に繋がれ2本になって出ています。

今回交換予定のピックアップはギブソン製の57CLASSIC。

ワイヤーは、1本(2芯)です。

タップ配線を追加する為、カバーを開けます。

中身を分解しオリジナルのように2本にしてコイルタップしました。

4芯のワイヤーを使わず、あえて当時のオリジナルピックアップと同じ2本仕様に。

ポット交換

コントロール類も全て交換。

セミアコのポット交換は少しコツがいります。

こんな感じで穴位置と同じテンプレートを作り、事前に配線してしまいます。

というか、先に配線しないと入らないですね^^

冶具ボードに乗せてワイヤリング。
コンデンサーは当時の物をそのまま移植。

スイッチも当時の配線図の通りにワイヤリング。

ペグ交換

チューニングの精度もあまり良くなかったので、ペグも交換。

フレット擦り合わせ

がたつきのあったフレットは、ネックジグにて研磨、調整。

弦を張って、トラスロッドを調整し指板のストレートを確認、チューニング。

その間おおまかに、がたつきのあるフレットをチェック。

通常弾いて問題の無いセッティングにしてからゲージメモリを “0” に合わせ弦を外します。

フレット、ボディなどを養生し、研磨を始めます。

ハイフレット近辺のフレット溝が、かなり腐食しており、足も食い込んでおらずグラグラ。

溝を埋めてから切り出し、新しいフレットを打ち直しました。

ハイフレットのローズ指板がかなりダメージがありフレットを打ちこんでも安定しなかったり、弦を張ってからの微妙な捻じれに合わせ、何度か研磨を繰り返しながら完了。

古いギターでここまで手の込んだリペアになると、完了までにとても時間が掛かってしまいますが、その分まだまだ現役でいけそうなバランスの良い335でした。

ギター、等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス



NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG