沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON J-45 Standard – ボディトップ膨らみ

サウンドハウス

Guitar Repair of the Day

IMG_2332.jpg

GIBSON J-45 Standard – Top debelly job

IMG_2333.jpg

ギブソンの定番アコースティックギター J-45。

IMG_2334.jpg

2016年のモデル。

IMG_2335_20210816111636a61.jpg

アコギの弦高が高くなって弾きづらい、という依頼は非常に多いです。
原因はネックが反っているか、ボディが膨らんでいるか、またはその両方か。

どうしても弦を張って置いておくと、歪んできてしまいます。

IMG_2339.jpg

ブリッジ付近にストレート定規を当ててみると、サイド付近に開きがあります。

IMG_2340_20210816111639c8f.jpg

真横からみると、4mmほど隙間があいています。

ここがぴったり真っ平な状態で保たれているギターも少ないのですが、フリッジ近辺を触ってみて盛り上がっているなと感じる場合は、弦高も高くなっていると思います。

IMG_2341.jpg

ボディトップをクランプして矯正する事で少し下げる(歪みを戻す)事が出来ます。

但し、長い年月をかけて歪んでしまったので、短期間では中々戻りません。
また戻ったとしても、歪んだクセがついているので、再度歪む(隙間が出来る)事も。

内部から蒸気を当てて1週間から10日かけて様子を見ます。

IMG_2358_2021081611164207c.jpg

10日ほど経ってクランプを外した状態。

前の写真と比べて、かなり下がった(戻った)事が分かりますね。

但し全てのギターのケースで、うまく戻るわけでは無いです。

IMG_2359_20210816111643ed6.jpg

ネックも少し反っていたので修正。

IMG_2362_202108161116453b1.jpg

かなり開きがあったのですが、補正後は弦高が3mm程になりました。

IMG_2360_20210816111829450.jpg

サドルは削った跡があったので今回は触らず。

IMG_2363_20210816111830236.jpg

IMG_2364_2021081611183294a.jpg

アコースティックギターの修理、メンテナンス、改造、調整、等 ご連絡下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

電話番号:098-923-0743

全国からの修理、改造など受け付けております。

沖縄県外から修理を依頼される場合は、必ずメールか電話にて状態をお知らせ下さい。
その後発送方法等をお知らせいたします。

SPREAD SOUND公式 YoutubeチャンネルSPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!



style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-2474589172985070″
data-ad-slot=”2134951703″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”>


style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2474589172985070″
data-ad-slot=”2873318301″>


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG