沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄
サウンドハウス

Guitar Repair of the Day

Martin D-1 – Clamps for Body top

マーティンのD-1。

コストパフォーマンスモデルながらマーティンらしい艶のあるサウンドが特徴。

沖縄でリペアをしていて何百本のマーティンを見てきましたが、コンディションや状態は値段と関係なく、ある一定の条件を超える(下回ると)途端に変形・捻じれ・剥がれが起きるようです。

保管環境、湿度差、には特に気を付けなければならない沖縄の環境。

湿度が多いのでケースに乾燥剤を沢山詰めてしまっているのが一番最悪。

乾燥剤は思っているほどギターにとって適度な乾燥状態にはならず、むしろカラカラすぎる環境を作ってしまうケースが多いです。

ケースの外は湿度の多い環境、中はカラカラな環境。

これらの湿度差を繰り返すと、歪んだり、捻じれたり、剥がれたりします。

本土から持ってきて、3日で曲がったギターも数多く。

某楽器屋さんで購入して3日後にリペアに持ち込まれた方の新品ギターは、ボディトップが異常に膨らんでいました。このケースは年間10本ほどあります。

購入してから膨らんだのか? 既に膨らんでいるギターを売っているのか?

今回のマーティン D-1。

そんなにトップは膨らんでいないのですが

弦高はなんと、5.5mm!!

これは弾きづらいですね。

ネックは思った通り逆反りで、特に中央部分にかなり隙間があります。

チューニングを保ちながら、少しづつトラスロッドを回します。

少し回して、直ぐに効けばいいのでが、中々効かないケース。

こんな時は長期戦です。

一日放置したりして、何度か調整の上、この位まで戻りました。

トラスロッドに余裕が余りないので、この状態で調整します。

ボディトップの膨らみも矯正します。

クランプをして何度か様子を見ながら1週間ほど。

少しだけ膨らみも取れました。

これで弦高はだいぶ変わるはず。

5.5mmから3mmまで下がりました。

ナットとサドルも調整したので、そんなに高さを感じないです。

弦を張り替えてサウンドチェック。

D-1は他のマーティンと比べて塗装が薄い為、艶感は無いのですが抜けの良いサウンド。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG