沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Fender Mexico Stratocaster – ピックアップ交換 Fender Noiseless

Guitar Repair of the Day

IMG_6849_20200131105342052.jpg

Fender Mexico Stratocaster

IMG_6851_202001311053433ae.jpg

フェンダーメキシコのストラトキャスター。

IMG_6853_20200131105345d2c.jpg

60年代仕様のクラッシックなモデル。

今回はノイズが大きいので見て欲しいとの依頼。

IMG_6854_20200131105346cc2.jpg

中を開けてみると結線におかしなところはありませんね。
ただピックアップの周りに手をかざすと、すさまじいノイズが。
ワイヤーも信号線を触るとジーと音がします。

パーツはこのままで導電塗料によるシールディングを行おうと思ったのですが一旦ピックアップのみ交換し、それでもノイズが気になるようなら次のステップへ、となりました。

IMG_6855_20200131105348100.jpg

今回はFenderのNoiselessへ交換します。

IMG_6858_2020013110534962f.jpg

Noiselessの場合、ポン付けして終わりとはいかないのです。

スタック構造によってノイズを抑えている構造なので通常のピックアップに比べて高さがあります。

通常のギターのピックアップキャビティのザグリでは底面が当たってしまうため、少し掘らないといけません。

IMG_6859_20200131105351677.jpg

トリマーにて5mmほど下げていきます。

IMG_6860_202001311053523c0.jpg

フロント、センター、リアのみザグリました。

IMG_6861.jpg

これでもノイズが大きい場合は導電塗料を塗ろうと思います。

IMG_6862.jpg

新しいピックアップ取り付け後。

Noiselessはプラスとマイナスとグラウンド線が出ています。

グラウンド線はポールピースと結線されているので、ポールピースを触った時もノイズが出なくなっています。

IMG_6864.jpg

結線しグラウンド線は新たに引き直しました。

IMG_6865_20200131105440165.jpg

見た目もさほど変わらず。
ノイズは全く気にならないレベルになりました。

IMG_6866_20200131105442265.jpg

ギターの信号の流れは、ピックアップからスイッチ・ポット、ポットからジャック、ジャックからケーブルを伝ってエフェクター・アンプへという流れです。

この流れの間にあるパーツ、部材、接点をノイズの少ない物・ノイズに強い物に変える・選択する事で、随分ノイズは軽減されます。

足し算で増幅したノイズを一点一点チェックしながら減らしていくわけです。

ギターなどの修理、メンテナンス 等は是非お問合せ下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG