沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

10月29日 – Guild D405B 1974 – メンテナンス

Guitar Repair of the Day

IMG_8700.jpg

Guild D405B 1974

IMG_8701_20181029104707dd4.jpg

ギルドの70年代のアコギです。

長い事弾いていなかったようで、全体調整、クリーニングをいたしました。

IMG_8702_20181029104708125.jpg

IMG_8703_201810291047091e0.jpg

シリアルを調べてみると、1974年製。
44歳!!

IMG_8704_20181029104711abc.jpg

使用していないと塗装は劣化、腐食してきます。

ケースの中に水分・湿気があると塗装面にカビが生まれます。
その後そのカビがラッカーを溶かし、塗装が剥がれたりボロボロになったり。

クリーナー等がない場合は、水拭きで問題ありません。
水拭き後は、水分をしっかりふき取って下さい。

IMG_8705_201810291047121dc.jpg

上のようにベタベタになったヘッドも、水拭きだけでここまで綺麗になります。

IMG_8706_201810291047147f2.jpg

ネックはだいぶ順反りしていました。

トラスロッドを調整しストレートにします。

IMG_8707_20181029104715658.jpg

サドルも頂点が無くボコボコだったので、高さは変えず頂点を整えました。

サドルトップが平な場合、弦振動が逃げてしまいます。
ナット溝、サドル頂点ともに、点で支えるように調整します。

IMG_8708_20181029104717a27.jpg

指板には適度な保湿が必要です。

冬場などで乾燥した状態にある場合は、ベビーオイルで問題ありません。
レモンオイルやオレンジオイルなどでもいいのですが、中には接着剤を溶かす成分が入っている物もあります。
どちらも適度な量で保湿を行って下さい。

IMG_8710_201810291047191ff.jpg

ギターを弾かない時はハードケースに入れて保管していると思いますが、そのまま弾かずに1年ケースに入れているとコンディションはどんどん悪くなります。

弦を張って緩めず閉まっておけば、ネックに負荷が掛かり反りが生じ、弦は錆びてフレットへ錆びが広がり、指板は乾燥しフレットは浮きます。

湿気が多い場所で保管していればケースで錆びが生まれやすくなります。

1年はおろか、3年、5年、10年、20年以上弾かずに閉まっているギターもあるでしょう。

今回のギターもオリジナルの状態で購入し、その後20年以上弾いていなかったようです。

弾いていないアコギはケースの中で、長い年月をかけてボディの変形やネックの反りなどが生じてきます。

10年かけて曲がったボディトップは、修理に出しても1週間~1か月では元に戻りません。

人間も日頃のエクササイズ、生活習慣、検診が必要なように、ギターも定期的に全体を調整して保持する事で長持ちしますよ。

現在の状態検診、普段の保管の仕方、日々のメンテ方法、など店頭でお尋ねください。

弾いていなかったアコギのメンテナンス、調整などは 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG