沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON J-200 – ネック調整、全体調整

Guitar Repair of the Day

IMG_9439_2020071311314727f.jpg

GIBSON J-200

IMG_9440_20200713113149228.jpg

ギブソンのアコースティックギターJ-200。

IMG_9442_20200713113150b13.jpg

外観は劣化や傷も少なく良い状態なのですが

IMG_9443_2020071311315204c.jpg

やはり沖縄での保管のせいか、ボディが少し膨らんでいたり、ネックに反りがあります。

IMG_9444_20200713113153ce9.jpg

現在の弦高の状態は、12フレット付近で約3.5mm。

弦高をチェックする際に基準として12フレット付近の高さを測り、目標の数値へと直して欲しいとの依頼は非常に多いです。

但しネックの反りは色々で、12フレット付近のみ順反りになっている場合や、指板が波打ったように反っている事もあります。

ローコードを弾いている時は高さの違和感を感じないけど、ソロフレーズの時に高くて弾きにくい、など。

IMG_9445_202007131131546e0.jpg

ネックは必ず、写真のような計測スケールで測り、どの部分に隙間が多いか?を見る必要があります。

今回は7フレット付近から順反りで15フレット付近まで開いているケース。

IMG_9446_20200713113156961.jpg

一旦トラスロッドの状態を確認。

少し締めた重みがあり、余り締めすぎると歪んでくるかもしれません。

IMG_9447_20200713113157f29.jpg

余り締めすぎず

これで10~12付近が少し隙間がある状態。

IMG_9449_2020071311315997d.jpg

この状態で弦高は2.7mm位。

IMG_9450_20200713113201337.jpg

一旦ネックがストレートになったと見立て、ナットとサドルの高さをチェック。

ネックがストレートの時に、ナットとサドルの高さのバランスが悪いと、弦を押さえた時に音程がシャープしたりフラットになったりします。

弦からフレットまでの距離を一定にして、押弦した時にボイシングが綺麗になるように微調整。

IMG_9451_20200713113222ef9.jpg

サドルは各弦の位置を調整しました。

IMG_9452_202007131132237f7.jpg

これらの調整だけで弾きやすさもそうですが、コードを押さえた時のまとまり方が変わってきますよ。

季節の変わり目に楽器のコンディションは変化します。

湿気の多いエリアは出来るだけ抑えた方がいいけど、低すぎても問題です。

エアコン入れっ放しにしているけど反りが出てきた、という人は湿度が低すぎるかもしれません。

アコギのメンテナンス、調整、修理 はご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743

全国からの修理、改造など受け付けております。

沖縄県外から修理を依頼される場合は、必ずメールか電話にて状態をお知らせ下さい。
その後発送方法等をお知らせいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG