沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

04月24日 – Ovation celebrity – ブリッジ浮き修理

Guitar Repair of the Day

IMG_9722_20170424095116d2f.jpg

Ovation celebrity

IMG_9724_20170424095118eef.jpg

アコギの修理依頼で一番多いのが、このブリッジ剥がれ。

沖縄だからって事は無いと思いますが、とにかくこの時期は毎日毎日アコギが運ばれてきます。本土と沖縄の違いがあるとすれば、やはり潮風を含んだ外気と日中夜間の温度差が無いことだと思います。

この時期は窓を開ければクーラーもいらず気持ちのいい風が入ってくるのですが、梅雨前とはいえ大量の潮を含んだ南風が吹くことも多いです。また昼に比べ夜に気温が下がらないので、部屋の中に水分を含んだ空気が溜まりやすく、楽器には大敵な季節です。

お客さんからは「保管はどうすればいいですか?」と聞かれる事が多いのですが、最低でも湿度計を買って毎日部屋の状態をチェックし、除湿器は欠かせません。それでもこの時期の室内の湿度は70%以上あります!!

IMG_9725_2017042409511970f.jpg

一口に剥がれといっても、少しだけ浮いているもの、元々の接着がまばらで隙間のあるもの、ボディトップが歪み接着面の平行が無くなって浮いてしまったもの、など様々なケースがあります。

軽い症状はそのまま浮いた隙間に接着剤(ニカワ、木工ボンド)を流し込んでクランプして直ることもありますが、たいてい一度ブリッジを剥がして接着面(ボディトップ)の状態を整えます。

この際、ボディの歪みを直すためクランプによる矯正が必要なケース、内部のブレイシング剥がれを修正するケース、もあるので金額はバラバラなのですが、接着だけであれば5,000円~、一度剥がしてからのクランプの場合10,000円~にて行っています。

IMG_9726_201704240951201e3.jpg

今回のオベーションですが、ブリッジがボルトで固定されているので一旦ブリッジを剥がすことにしました。

IMG_9727.jpg

ボディ内部からブリッジ裏を見ると固定の為の6角ボルトが見えます。

IMG_9728_201704240951455d7.jpg

専用のヒーターで熱を加え、スクレーパーを入れながら丁寧に作業します。

IMG_9730.jpg

時間を掛けてゆっくりと剥がしていきます。

IMG_9731_201704240951481fd.jpg

このようにギターによっては接着剤が行き渡っていない箇所がある事も多く、また塗装の上から接着している場合、塗装が浮いてきて接着が剥がれる事もあります。

IMG_9732_20170424095149fa2.jpg

IMG_9733_20170424095151e0f.jpg

ボディ面、ブリッジ裏を水平に研磨し位置を合わせます。

IMG_9734_20170424095217cc7.jpg

接着剤をつけて 暫くクランプします。

IMG_9735_20170424095218439.jpg

IMG_9736.jpg

IMG_9737.jpg

同時にネック調整も行い、弦高もだいぶ下がり弾きやすくなりました。

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG