沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

12月18日 – KAMAKA Ukulele – ペグ ブリッジ交換

Repair of the Day

IMG_4464.jpg

KAMAKA Ukulele

IMG_4465.jpg

カマカのウクレレの修理でした。

IMG_4466.jpg

オーナーによれば30年以上前の個体らしく、これまでも何度もハワイまで持ち込んで修理をされていたそうです。

IMG_4467.jpg

IMG_4468_2017121811251513e.jpg

今回の修理は、オリジナルのペグから他社製のペグに替えた際に、ヘッドのペグネジ穴部分から割れが入ってしまったもの。

それを長年簡易的に接着剤にて補強していたが、ギアタイプのペグへ交換したいとの要望。

ただし、どのギアペグもポストの位置が高いので、ヘッド裏に補強材にて厚みを出して、ペグのポスト穴を出来る限り下げて角度(テンション強め)をつけたい、との事でした。

とはいえ、個体に合うコア材が無かったので、マホガニーの突板を使う了承を得て作業しました。

IMG_4469.jpg

以前のペグを取り付けていたネジ穴は、そのままネジを入れて接着剤にて固めてあったので接着剤を剥がしました。

するとそこからひび割れた部分が現れました。

IMG_4470_20171218112518782.jpg

表裏面共に4cm位の亀裂が入っています。

IMG_4471.jpg

ネジも途中から折れて中に埋まっています!

IMG_4474.jpg

折れたネジ回りを少しずつ削り折れたネジを取り除きます。

IMG_4476_20171218112612fcb.jpg

ネジ穴は埋めて、割れたヒビ部分に接着剤を入れて暫くクランプ・固着します。

IMG_4477.jpg

固まった後、ヘッド裏面をベルトサンダーで面を出し、突板を張る準備。

IMG_4478.jpg

ヘッドの形に切り出したマホガニーを接着します。

IMG_4479_20171218112616d94.jpg

それぞれの面に接着剤を塗り

IMG_4480.jpg

クランプで固定。

IMG_4482.jpg

固まった後 軽く研磨した状態です。

ヘッド部分はこの後、塗装に入ります。

IMG_4483.jpg

その前にブリッジを剥がします。

ヒーターで熱を加えて

IMG_4484.jpg

スクレーパーでゆっくり剥がしていきます。

IMG_4485.jpg

綺麗に剥がれました。

IMG_4486.jpg

新しく取り付けるタイブリッジの位置だし。

IMG_4487.jpg

ボディ面を研磨して接着。

IMG_4488.jpg

このままクランプで固着し数日待ちます。

IMG_4490.jpg

その後、シーラー、着色、トップを吹いていきます。

ラッカーなので、一日数回、何日かに分けながら仕上げます。

IMG_4491.jpg

微妙に厚みを変えてみました。

IMG_4492.jpg

ペグを取り付けると、2,4弦と1,3弦のポストの高さが段違いになっています。

IMG_4493.jpg

ブリッジも完成。

IMG_4494.jpg

IMG_4495.jpg
IMG_4496_20171218112724a46.jpg

ヘッドを厚くしてペグポスト位置を下げたので、Low-Gにした4弦も適度なテンションが掛かり張りが出ました。

ここ数年ウクレレの修理がとても増えており、今年は50本近いウクレレの修理依頼を頂きました。

統計を取るとウクレレの場合はブリッジの剥がれが一番多く、中には本土から沖縄に持ってきて1週間で剥がれたとか、やはり沖縄独特のリペアというのがどの楽器にも共通してあるようです。

亜熱帯に属する沖縄では、製造メーカーが全く想定していない気候の中での使用・ケアが必要ですね。

今月は26日までリペア10%OFFキャンペーン中です。休み前にメンテナンスしてみてはいかがですか?

ウクレレの修理内容のご相談、金額の確認、などお気軽にお問い合わせ下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG