沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

11月01日 – YAMAHA THR10 – 基盤縫合手術^^

Amp Repair of the Day

IMG_3297.jpg

YAMAHA THR10

IMG_3298.jpg

ヤマハの小型モデリングアンプ。

電池で動作する小さくて持ち運び便利なギターアンプ。

不幸にも落としてしまい全く音が出ないとの事でした。

IMG_3299.jpg

インプットジャックの辺りが凹んでいます。

この辺りから落ちたのでしょうか?

ギターの修理の場合、店頭にてお預かりする際に、病院の問診のように細かく状況を聞いていきます。

事故の検証と一緒で、いつ、どこで、だれが、どのように、壊した(壊れた、傷ついた、音が出なくなった)かを時を遡っていく事で、見えてくるものが多くあります。

プロファイリングとはいきませんが、ネック折れなどの場合、どの角度から倒れたのか?折れた箇所以外に新しい傷、凹みがあるか?
それらを見つけて倒した時なの状況を想像し、当たった角度、衝撃の強さなどから、目に見えない木部の内部の割れ、傷をイメージする事が出来ます。

アンプなども、音が出なくなった時の状況を細かく説明頂く事で、内部を開けずに判断出来る事もあります。

さて今回のアンプ。

ギターからのシグナル無し。
AUX入力も音が出ない。

という事はパワー段の故障か?

インプットの筐体がかなり凹んで曲っているので、かなり強い衝撃がかかったはず。

落としたのでコネクターが外れてるだけかも?

IMG_3300.jpg

この場合は開けないと分からないですね^^

中を開けてみると・・・

IMG_3301.jpg

なんとインプットセクションの基盤が真っ二つに裂けていました。(かろうじてくっついてる)
(写真の黄色い丸の部分)

したがって、ギターもAUXからの入力も、基盤の入力信号のラインが切れていて音が出なかったのです。

IMG_3302.jpg

拡大してみると、細かくプリントが切れています。

IMG_3303.jpg

前にもやりましたが縫合手術開始。

前は キーボード でしたね。

切れた基盤の左側と右側のそれぞれのラインを一つずつワイヤーで縫合。

MOGAMIの32GAでポイントトゥポイント配線。

IMG_3304.jpg

全部繋ぎ終わって音が出る時は感動します^^

ギターもAUXも問題無く出力されました。

テストがてらこのアンプを弾きこんでいると、不思議な感覚が。

AUXにiPhoneからの音源を入れて、曲に合わせて弾いてみると、モデリングされた音色がmp3の音源ととてもよく混ざり合っています。

その様子を聞いていたお店のスタッフも、音源なのか弾いているギターなのか、聞き分けられない部分も!!

リアルタイムで音源とギターをミックスされたようなトータル感。

いやー、よくできたアンプですね。

これ、何時間でも弾けますね。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG