沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

02月04日 – Marshall JCM2000 TSL100 – 真空管交換

Amp Repair of the Day

IMG_9572.jpg

Marshall JCM2000 TSL100

IMG_9573.jpg

マーシャルのJCM2000。

Triple Super Leadと呼ばれる3ch仕様のハイゲインアンプ。
通称TSL100。

こちらはスタジオにて使用されているアンプでした。

IMG_9574.jpg

現在は電源が入らず、出力が極端に低く音が出ない事もあるとのこと。
ヒューズの切れ方から見ると何かあったはず。

IMG_9575.jpg

アウトプットのジャックが曲がっていたので落としたのでは?

IMG_9576.jpg

パワー管はRUBY製。
プリ管は全てバラバラでした。

IMG_9577.jpg

出力管を計測してみると2本切れていました。

IMG_9579.jpg

結構長い事交換されていなかったので全ての真空管を交換しました。

パワー管を交換する際’マッチング’と言う言葉を聞いたことがあると思います。
4本それぞれの真空管が近い特性になっている物が望ましいです。

4本のうち一つだけ流れる電流量が多かったり少なかったりしない為です。

当店では選別されたペアやクアッド管を購入しても写真のような計測器にて必ず再計測します。
これがあるとバラバラな真空管から近い特性のペアを選別する事も可能になるので、新品の管だけで無く中古の管を使用する際にとても便利です。
日本仕様(100V)にて特別に作って貰いました。

中古の真空管の計測も行ってます。

IMG_9580.jpg

パワー管を本体にセットしてバイアスを合わせます。

IMG_9581.jpg

暫く通電、動作チェックを行います。
IMG_9583.jpg

今回は全てエレハモの真空管に交換。

IMG_9584.jpg

ギター、ベースアンプなどの修理、改造、調整、
真空管のチェック、測定 などはご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG