沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GrassRoots G-TE-40R – ノイズ処理

Guitar Repair of the Day

IMG_3565.jpg

GrassRoots G-TE-40R

IMG_3566.jpg

ESPのエントリーモデル Grassroots。

IMG_3567.jpg

上位機種と似た見た目ながら材質やハードウェアなどのグレードを落としてお買い求め易い価格帯のギターです。

IMG_3568.jpg

エントリーモデルに起こりやすいトラブルとして、鳴りがいまいち、チューニングが安定しない、セッティングが狂いやすいなどがありますが、ノイズが目立つという依頼も多いです。

ピックアップのクオリティ、ポットやスイッチのグレード、配線方法、などの単価を下げているのでノイズを少なく(原音の劣化を少なく)するには、それらのパーツを一つ一つ劣化の少ない物に変えていくしか無いですね。

またPUマウント下、コントロールのキャビティ内をシールド処理する事で飛来ノイズなどを防ぐ事が出来ます。

配線材の交換、正確丁寧なワイヤリング、ピックアップのノイズ処理、などを同時に行う事で更にノイズを少なく出来ます。

IMG_3570.jpg

シールディングを行う為、一旦全てのパーツを取り外します。

IMG_3571.jpg

通常キャビティ内にも塗装がされており、物によっては断面がガタガタな場合もあります。

面を鳴らす為塗装を剥がす程度に、トリマーで削り落とします。

表面をマスキングして

IMG_3572.jpg

コロのついたビットで削り落とします。

IMG_3573.jpg

削るといっても塗装を剥がす位の厚さ。

IMG_3576.jpg

断面が綺麗になったら、シールド塗料を塗っていきます。

今回は銅が練りこまれた塗料。

IMG_3577.jpg

何回かに分けて厚みを出し、各所の導通を確認。

IMG_3578.jpg

ピックアップ下とコントロールキャビティの導通を結ぶ為、グラウンド用のワイヤーを設置。

IMG_3579.jpg

グラウンドはコントロールキャビティ内に一点にまとめます。

IMG_3580.jpg

こちらが純正のポット、スイッチ。

IMG_3581.jpg

全て交換しワイヤリングも綺麗にまとめました。

IMG_3582.jpg

無音時のノイズは驚くほどなくなりました。

ギターやベースなど、静音時のノイズに悩んでいる方はお問合せ下さい。

メールの方は こちら から




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG