沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Martin 000-28EC – ネックヒーター修正、フレットすり合わせ

サウンドハウス

Repair of the Day

Martin 000-28EC

現状

マーティンの000シリーズ

エリッククラプトンシグネチャー

アンプラグドのライブアルバムが出た後で、爆発的に売れた人気機種。

Martin 000-28を基調としながら、少し豪華な仕様になっています。

ネックエンドにはシグネチャーサインインレイ入り。

ネックの状態

持ち込まれた時点で12フレット上の弦高が4mm

スケールを当ててみると、かなりの順反り。

1弦側と6弦側とで開きに差があります。

ネックがねじれているかもしれません。

トラスロッドもかなり締まった状態。

ネックヒーター

一旦トラスロッドを緩めてネックヒーターにかけてみます。

ネックヒーターはストレートの鉄ブロックの中に電熱線が入っていて、温度をコントロールしながら温められます。

ネックと指板の接着を熱で緩め、曲がったり歪んでしまった指板を真っすぐにします。

先ほどかなり開いていた12フレット近辺も、ブロックにぴったりくっつく位力を加えます。

数時間熱を加え、接着剤を緩め、その後クランプしたまま数日置いて、接着を固めます。

ネックヒーター後

ネックヒーター後、トラスロッドを締めると真っすぐになりました。

この時点で弦高は2.5mm位。

良いんじゃないでしょうか?

フレットすり合わせ

但し、ネックが捻じれて順反りの状態で長い事弾いていたので、フレットがところどころガタガタ。

ハイフレットはネック起きが若干きていて、高く、音詰まりがあります。

ハイフレットを中心にすり合わせを行います。

写真のように弦を張って通常のテンションを保ったまま、紙ヤスリですり合わせを行います。

ここが高くなると、ハイポジションが全部詰まってしまいます。

これだけ削りました。

フレットシェイプ、バフ掛け

削ったフレットの頭は真っ平で角ばっています。

楕円のラウンド状になるように1本1本角を落としていきます。

丸みをつけて磨いた状態。

綺麗に丸くなっています。

最近フレットを磨く用のコンパウンドを購入しました。

バフ掛けで一気に磨くのですが、艶が違います。

仕上げ

改めて弦を張って、若干サドルを削って下げ、トラスロッドを再調整。

これで2.2mm位まで下がりました。

これなら全然ストレス無く弾けますね。

ボディも軽くバフ掛けをしてピカピカに。

ギター、等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス



NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG