沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

05月14日 – Guild DV4 – ブリッジ剥がれ

Guitar Repair of the Day

IMG_5887.jpg

Guild DV4

IMG_5888.jpg

ギルドのドレッドノートタイプのアコギ。

IMG_5889.jpg

スプルーストップにマホガニーバック・サイド。

IMG_5890.jpg

ブリッジがかなり浮いてしまっています。

ブリッジ浮きのリペア依頼はとても多いのですが、皆さん
「何故浮くんですか?」
「どのようにすれば防げますか?」
という質問を頂きます。

買って数日で浮いてくる場合もあれば、長い時間をかけて隙間が徐々に広がるケースもあります。

完全にチューニングが合った状態でネック、ブリッジには数十キロの力が掛かっています。

長期間弾かない場合は弦を緩めて保管下さい。
弦高が少し高くなったと感じたり、トップ面のブリッジから下が膨らんできたり、ブリッジに隙間が見えた時は直ぐに弦を緩め、修理に出して下さい。

そのまま弾き続けると中のブレーシングが浮いてきたり、ブリッジがバッキッと剥がれ、塗装も割れてしまう事があります。

IMG_5892.jpg

修理前の時点で、これだけ隙間がありますね。

一旦剥がします。

IMG_5893_20180514113405d00.jpg

少しずつ熱を加え、ブリッジを温めていきます。

IMG_5894.jpg

何度かスクレーパーを入れながら、接着剤を丁寧に剥がします。

IMG_5895.jpg

綺麗に剥がせました。

IMG_5896.jpg

この時点でトップに膨らみがありので、クランプで挟み込み矯正します。

IMG_5897.jpg

と同時に、ブレーシングに浮きが見られたので、リフターで持ち上げながら接着。

IMG_5898.jpg

接地面、ブリッジ底面を綺麗に研磨。

IMG_5899.jpg

隙間無く接着剤を塗ってクランプで固定します。

IMG_5900.jpg

挟み込み固着すること数日。

IMG_5901.jpg

隙間無く接着完了。

IMG_5902.jpg

IMG_5904.jpg

一度持ち上がったトップは、完全にはフラットになりません。
お尻が持ち上がった分、ブリッジ側は少し高くなるので、サドルをほんの少しだけ研磨。

抜けの良い、カラッとしたサウンドが戻りました。

アコギのブリッジ浮き、剥がれ、トップの膨らみ、等 お気軽にお問い合わせください。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。

cate-fb.gif
cate-twitter.gif




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG