沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

07月18日 – ANTONIO SANCHEZ 3350 クラッシックギター – ブリッジ剥がれ修理

Guitar Repair of the Day

IMG_0402_20170717192646f3e.jpg

ANTONIO SANCHEZ 3350 Classic Guitar

IMG_0406_201707171926521ce.jpg

IMG_0403.jpg

アントニオ・サンチェスのエレガットモデル。

ケースから開けたら既にブリッジが剥がれていたそうです。

IMG_0404_20170717192649354.jpg

プリアンプ部を一旦、中から取り出します。

IMG_0405_201707171926504fc.jpg

ピエゾPUがプリアンプに繋がっているので、プリアンプ基盤から外します。

IMG_0407.jpg

ブリッジ裏面、ボディ接着部共に、綺麗に研磨しました。

IMG_0408.jpg

ピエゾPUの線の穴にキリを入れて位置を固定。

IMG_0409.jpg

クラッシックギターのブリッジの場合底面が広いので、3本の専用クランプを使い、それぞれに一定の力を加え慎重にクランプ・固着します。

IMG_0410.jpg

IMG_0412.jpg

綺麗に接着完了。

IMG_0413.jpg

サドルが無かったので新たに製作しました。

IMG_0415.jpg

ぴったり隙間なく納めます。

IMG_0417.jpg

高さを合わせてピックアップをセットします。

IMG_0418.jpg

ピエゾPUは、保護フィルムが剥がれて素子が見えてしまっていたので銅箔にて保護。

IMG_0419.jpg

ピエゾPUをサドル部分にセットし、PUからの音を聞きながらピエゾへの圧力のかかり方をチェックしていきます。

バランスの良い出音になったところで完了。

IMG_0420.jpg

ブリッジが浮いてきたり剥がれた時は、直ぐに弦を外して下さい。

剥がれているのに弦を張って弾き続けている人が多いようで、持ち込まれた時点でブリッジやボディトップが変形していることもあります。

アコギ、クラッシック、ウクレレなど、ブリッジの剥がれはご相談下さい。




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG