沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

11月06日 – Epiphone Thunderbird IV – 塗装・リフィニッシュ

Repair of the Day

IMG_1664.jpg

Epiphone Thunderbird IV

IMG_1665.jpg

エピフォンのサンダーバード、塗装の依頼です。

IMG_1666.jpg

オリジナルはヴィンテージサンバーストカラーでしたが、今回はボディをヴィンテージホワイトに、ネックをブラックにとの指定。

オリジナルでホワイト仕様はあるみたいですが、ネック裏のカラーとインプットジャックの位置を変更してNikkiっぽく仕上げてみました。

IMG_1667.jpg

まずは剥がしから・・・

平面は電動サンダーで。
細かい部分も沢山あるので手作業と並行して。
かなり時間が掛かります。

IMG_1669.jpg

フィラー、ウッドシーラーを終えて一旦平滑研磨。

IMG_1673.jpg

今のうちに船形ジャックの穴を掘っておきます。

IMG_1674.jpg

結構これの位置だしが大変でした。

IMG_1675.jpg

そして、サンディングシーラーを塗布。

何回かに分けて吹き付けます。

IMG_1676.jpg

乾燥後は研磨、研磨、研磨。

IMG_1677.jpg

さあ、ネックに取り掛かろうと塗装を剥いでみたら、ネックとヘッドをスカーフジョイントにて接着してあったのですが、その部分に亀裂が!!

ほとんど割れですね。

IMG_1679.jpg

一旦接着、固着待ち。

IMG_1681.jpg

固着後の強度次第で、補強材をいれようか入れないか。

でもかなり強度があったので、このままいきます。

IMG_1682.jpg

いよいよボディの着色。

通常のホワイトより少し黄色・アンバーっぽいヴィンテージホワイト。

途中、少し緑っぽくなったみたり、黒とのバランスが微妙だったり。

何度か調色を行って、ようやくこの色味に決定。

IMG_1683.jpg

この後トップを吹いて、水研ぎ作業、バフがけ。

IMG_1684.jpg

フレット上面も綺麗にしました。

IMG_1685.jpg

ホワイトボディにオールブラックパーツ。

IMG_1686.jpg

IMG_1687.jpg

IMG_1688.jpg

IMG_1690.jpg

IMG_1691.jpg

IMG_1692.jpg

塗装案件は記事にするとビフォーアフターの代わり映えが分かりやすいですが、時間軸を表すのが難しいです。

今回もトータルで3か月位掛かってしまい結構難産でした。

塗装を剥がしてみたらスカーフジョイント部分に亀裂があったり、少し黄みがかったヴィンテージホワイトは色味によってブラックと合わなかったり、ジャックの位置が意外と難しかったり・・・

でも出来栄えは上出来で喜んで頂けました。

細かな修理内容のご相談、金額の確認、などお気軽にお問い合わせ下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG