沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Warmoth Body&Fender Neck – コンポ―ネント 組み込み

Guitar Repair of the Day

IMG_6868.jpg

Warmoth Body&Fender Neck

IMG_6870.jpg

IMG_6871.jpg

今回はボディとネックとパーツ一式の持ち込み。

これを組み上げてもなんとか弾けるようになりますが必ずセットアップが必要になります。

そんなケースの工程です。

ボディはアメリカの工場Warmoth製。

ネックはFender製のリプレイスメントネック。
サーモウッドの匂いがまだ残っています。

Warmoth製のボディ/ネックはFenderのライセンスを経た製品なのでネックポケットのサイズもぴったりです。

ピックアップはFenderのプリワイヤード。

IMG_6872.jpg

諸々パーツを持参してきたものの、勘違いでボディのブリッジ穴が2点式の物を購入していたそうです。
事前に購入したブリッジは6点式でした…

IMG_6873.jpg

でも大丈夫。

ボディの穴を一旦埋め直します。

IMG_6874.jpg

ミニ鉋で平面を出して

IMG_6875.jpg

下準備完了。

IMG_6876.jpg

ブリッジを置いてみると穴の跡はほとんど目立ちません。

IMG_6877.jpg

ボール盤で正確に6点の下穴をあけます。

IMG_6878.jpg

仮付け完了。

IMG_6879_20200207111411aba.jpg

ワイヤリングしピックガ―ド穴もあけてボディは完了。

IMG_6881_202002071114126a9.jpg

一旦弦を張って状態を確認。

コンポーネントモデルを購入して組み上げても必ず”フレットすり合わせ”が必要になります。

今回も弦を張ってみたもののハイフレットは高すぎて音が詰まってでませんでした。

IMG_6882.jpg

何もしないで弦を張った状態。
現状では少し順反り。

IMG_6883.jpg

トラスロッドを調整しネックジグにかけストレートを確認。

すり合わせを行います。

IMG_6892.jpg

そんなに削らなくていいみたいですが、ハイフレットはかなりガタガタ。

IMG_6893.jpg

平になったフレットの頭をラウンドにしていきます。

IMG_6895_202002071114204d9.jpg

最後に1本1本磨き上げます。

IMG_6899_202002071114212c6.jpg

フレット面も真っすぐになりピカピカに。

IMG_6900.jpg

IMG_6901.jpg

ナットの溝も出荷時にはかなり高くなっています。

これはネックだけの販売なので、調整を見越してのセッティングなのでしょう。

ネックを買ってポン付けしても高すぎてしまいますよ。

IMG_6902.jpg

IMG_6904.jpg

これだけで20万円以上のギターの雰囲気がします。

自分の好きなボディ材、カラー、パーツを選んで組む事も可能です。

ギターの組み込み、Warmothへのオーダー などは是非お問合せ下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG