沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

YAMAHA F-36PJ – ネック折れ修理、接着、補強

Guitar Repair of the Day

YAMAHA F-36PJ – Broken Neck

ヤマハのアコースティックギター F-36PJ。

ヘッド部分
別におかしくみえませんね。

ボディ部分も、普通に弾けそう。

ネック折れ

でもヘッド裏をみると・・・
なんとも無残な。

そんなに古いモデルでも無く、高級なモデルでもないのですが、ずっと弾いてきたギターのネックが折れてしまったらどうしますか?

もしくは折れてしまって捨てようと思っていたギターを貰ったら?

当然安く直せれば直して使いたいですよね。

問題は値段なんです。

ここまでぱっくりいってると、どうしても補強を入れないともたないです。

なるべく安く仕上げます!!

先ずは接着から。

注射器に薄く溶いた接着剤を入れ、全体に流し込んでいきます。

何度か流し込んで、最後に少し粘度の高い接着剤を。

そのままクランプします。

はみ出た接着剤を取りながら固定し、このまま1週間くらい放置。

10日くらい置いてみました。
すっかり水分も抜けて、カチカチに固まっています。

このままでもいけそう!
でも40~50キロの弦の張力が加わったら・・・

補強を入れましょう。

トリマーで溝を掘っていきます。

折れた割れ目に合わせて、溝の位置をずらして掘ります。

今回は塗装なしでなるべく目立たないように、同じ色合いのマホガニーにしました。

溝に合わせて削り出し。

接着剤をつけて、補強材を抑え込み。

クランプで押さえて、また1週間くらい。

補強を入れてカーブナイフで綺麗にトリムした状態。

このままでもいいのですが、少しだけ塗装します。

ステインで着色し色合わせ。

シーラーを吹いてからトップを数発吹きます。

ぱっと見、折れたのは一目瞭然ですが、一番安く抑えるにはこの位で・・・

再度は目止めと塗装だけ。

表面は段差も無く、弾くには全く問題ないです。

弦を張って数日様子をみましたが、チューニング落ちも無く大丈夫そうです。

ネック調整、サドル研磨をして弦高を調整。

これで捨てずに、バリバリ弾けますよ!!

ギター、等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

SPREAD SOUND公式 Youtubeチャンネル

SPREAD SOUND チャンネル 登録お願いします!!

サウンドハウス



NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG