沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Taylor 312ce – ネックバインディング交換

サウンドハウス

Taylor 312ce

Repair of the Day

Taylor 312ce

かなり弾きこまれた312

とてつもないライブ歴を持つこちらのテイラー。

お世辞にも良い状態とは言えず、むしろボロボロの外装。

ただし鳴りは恐ろしくバランスが良く、音量もデカかったです。

バインディング剥がれ

初期のテイラーに見られるケース。

ネックのバインディングがゴムのように柔らかくなっており、ボロボロと剥がれていきます。

両サイド共に、ほとんど残っていませんでした。

これでは手が当たって痛いですよね。

交換すればいいのですが、問題はフレットを抜かずに交換するということ・・・

結構難題。

バインディング修正

一旦全てのバインディングを剥がします。

かなり接着材が残っていますね。

チゼルとヤスリで綺麗にしていきます。

バインディング接着

既存のバインディングを合わせても高さが合うわけないですよね?

フレットがバインディングの上に乗っかっているので、その高さに合わせてバインディングを削ってから接着しないと・・・

接着には専用の接着剤、セルボンキャブを使います。

結構速乾性なので急いでセッティング。

マスキングを巻いて暫く固定します。

バインディング修正

綺麗に接着が終わりましたが、元々境界線がボロボロだったので溝が出来ています。

厚みを揃えながら溝を埋めていきます。

指板も掃除をしつつ、高さを合わせて削ります。

バフ掛け、調整

溝を埋めて研磨してバフ掛けして磨きました。

隙間は全く無くなり、エッジも長年弾いた感じにする為、角を丸めてあります。

フレットエンド部も綺麗にくぐらせて隙間はパテで埋めています。

これで引っかかる事もありませんね。

元のネック部の高さと合わせたので、少し色が合わなかったですが、クリアを盛って境界線は綺麗に仕上がっています。

ネック調整、弦交換を行って完了。

かなり特殊なバインディング修正ですが、うまくいきました。

ギター、ベース等の修理は お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせは こちら から

お電話でのお問い合わせは こちら から

お願いいたします。

サウンドハウス

バインディング剥がれの最新記事8件

NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG