沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

VOX AC4HW1 – 出力トランス交換

Amp Repair of the Day

IMG_8623.jpg

VOX AC4HW1

IMG_8625_20200320104009dcc.jpg

VOX製アンプ ハンドワイヤードシリーズ。

IMG_8626_202003201040106ea.jpg

現在もHand-Wiredシリーズとしてラインナップされている人気機種。

IMG_8627_20200320104012f6a.jpg

プリントボードではなくタレットボードに美しく配置されたパーツ。

真空管はプリ管に12AX7を2本、パワー管にEL84を1本使用。

IMG_8628_20200320104013b1a.jpg

今回はスピーカーを変えてみたけどインピーダンスが合わないからトランスを変えて欲しい…という依頼。

純正はセレッション製G12M GreenBackスピーカーが搭載されているのですが、セレッション製G12 Blue Alnicoに交換されていました。

本来なら16Ωのスピーカーに交換するべきところ8Ωを買ってしまったようです。

ただ、このブルーアルニコはアメリカでもオーバー$300クラス。

新たにスピーカーを買うよりトランス買ってSPREAD SOUNDに持って行ったほうが安いだろ!?
って事のようです(笑)

IMG_8630_20200320104015a6c.jpg

持ちまれた出力トランスはMercury Magnetics製のSE-8K8。
アメリカでの価格は$150位。

うーん、交換費考えるとどっちが良いのか・・・

まあやってみましょう。

IMG_8631_202003201040162e3.jpg

残念な事にトランスの穴位置が違います。

新たに開け直し。

IMG_8632_2020032010401844f.jpg

電源トランスとの距離も考えて穴位置決定。

IMG_8633_20200320104019261.jpg

純正より少し離しました。

IMG_8634_20200320104021dcb.jpg

中の基板足の位置とはギリギリのクリアランス。

IMG_8635_20200320104351a9b.jpg

いい感じ。

IMG_8636_20200320104352862.jpg

基板内に再配線して完了。

IMG_8637.jpg

セレッションのアルニコシリーズは少し奥行きがあるサイズなので真空管との距離はギリギリ。

Creamは無理ですね。

IMG_8641_2020032010435585b.jpg

サウンドは純正と比べて激変です。

本当にVOXにはブルーアルニコが合います。

クリーンをメインにするか、クランチ・歪みをメインにするかで違いますが、グリーンバックに比べブルーアルニコは、クリーンの再現力が素晴らしい。

鈴なりサウンドはブルーアルニコ。

IMG_8642_20200320104357469.jpg

アンプの修理、改造などは是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743

沖縄県外から修理を依頼される場合は、必ずメールか電話にて状態をお知らせ下さい。
その後発送方法等をお知らせいたします。




NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG