沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

04月03日 – Peavey 5150 – コンデンサー交換

Amp Repair of the Day

IMG_9344.jpg

Peavey 5150

どのアンプも使用し始めてから ある程度の年数を経つと、何らかの不具合が出てきますよね。
電気製品なのでパーツに電流を加えて負荷をかければ耐用年数を超えたパーツは劣化が始まります。

年数と共に経年で自然劣化が始まるパーツ、負荷をかけてダメージが蓄積したもの、容量の無くなった物・・・ 
その中でも電解コンデンサーの寿命は、一般的に105℃ 2000時間 とされているものが多いです。

アンプの中が60℃ほどだとして寿命は約4年!! 

発売から10年以上経過しているアンプは、コンデンサーの容量を専用のテスターで図ってみると 容量抜けしている物が多数みられます。

平滑に使用するものなどは重さを図ってみても一目両全。
容量抜けしている物は軽いです。
アンプの音が不安定、音量が下がる、途中で落ちる、等の症状はコンデンサーの劣化も考えられます。

IMG_9346.jpg

その前に先ずは真空管チェックから。

こちらは基地のお客さんのアンプなので120V仕様。真空管のテストの際にまた勘違いしてしまいました^^

IMG_9347.jpg

真空管テスターでは、プリ、パワーともに異常無し。

IMG_9348.jpg

ではコンデンサーを見てみましょう。
見るからにブヨブヨとした感じ。
触るとかなり凹みます。

IMG_9352.jpg

IMG_9353.jpg

電解コンデンサーを外してみると液漏れがかなりありました。

IMG_9356.jpg

新しい物に交換します。

IMG_9355.jpg

コンデンサーの交換後、抵抗、POTなどを交換し修理完了。

基盤上のグラウンド線をシャーシに落としたら結構ノイズが減りましたね。

IMG_9357.jpg

cate-fb.gif
cate-twitter.gif


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG