沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Fender USA American Standard ストラト – ピックガード、ナット、ペグ交換

Guitar Repair of the Day

IMG_0843_20190429111654ac5.jpg

Fender USA American Standard ST

IMG_0847_2019042911165560d.jpg

フェンダーUSAのアメスタ。
クラッシックなデザインのサンバースト仕様。

IMG_0848_20190429111657e5c.jpg

今回はチューニングを安定させる為、精度の高いペグへ交換。

交換するのはGOTOH製のSD91-MG。

外見は変わらずロック機能を追加できます。

IMG_0850_20190429111658b3d.jpg

ブッシュのサイズは一緒なのですが、新品のペグと合わせる為両方交換。

IMG_0851_201904291117006fa.jpg

写真を撮り忘れましたが、ペグの下にGOTOH製のスペーサーをかましています。

ペグの接点をヘッド裏へめり込ませる事無く、面を安定して密着させる事が出来ます。

IMG_0852_201904291117012d0.jpg

次に、ピックガードも交換致しました。

Fender純正のべっ甲柄のピックガード。

IMG_0853_20190429111703504.jpg

ピックガードを交換する場合、穴位置が微妙に違う場合があります。

元の穴位置と新しいピックガードの穴位置が完全に一致していない場合は、ボディの穴を一旦埋めて新しいピックガードの穴位置に合うよう開け直します。

今回交換したべっ甲の3plyの場合、穴位置が正確で無いと歪みや縮みが生じてきますのでご注意を。

IMG_0854_20190429111704530.jpg

白からべっ甲なので雰囲気がガラッと変わりますね。

IMG_0855_20190429111706e78.jpg

続いてナットの交換。

多分、色々な太さの弦を試して使ったのでしょうか? ナットの溝が広がっていたり、低くなっています。

最終的に自分の好みや好きなテンションの弦のゲージが決まったら、ナットは交換しましょう。

弦の太さに合わせて切られたナットを使用していないと、ナットの溝はどんどん広がっていきます。

弦をチョーキングしたりチューニングを合わせる度に、ナットの溝を縦方向に弦が動きます。
これを繰り返す事で溝が徐々に削れて行きます。

溝の幅よりも細い弦のゲージを使用した場合隙間が出来ます。
この為、弦の縦方向の動きに加えて横にも動くので、溝の幅が広がっていきます。

溝のサイズが合っていないと、ナットから嫌な周波数の軋む音が聞こえてくると思います。

ナット鳴きが生じたら、すぐにナットは交換してください。

IMG_0856_20190429111707b03.jpg

元のナットを丁寧に外します。

IMG_0857_20190429111746a8d.jpg

当店では基本的に、牛骨のナットを使用して、一から削り出して交換しております。

IMG_0858_20190429111747e89.jpg

ナットのスロットの幅に合わせて削ります。

ナットの底面がぴったりネック面と接しているのが理想です。

弦の伝導を正しく伝える為に、時間を掛けて溝にフィットさせます。

IMG_0859_20190429111749047.jpg

ある程度の高さまで成形したら、弦の溝位置を決めて切り出していきます。

IMG_0860_2019042911175007a.jpg

何度も何度も弦高、フレットを押さえた時のピッチを確認しながら溝の高さを調整。

IMG_0861.jpg

位置が決まったら、コンパウンドで磨いて完了。

IMG_0862_20190429111753cdc.jpg

ギターのパーツ交換、修理、調整、などはご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG