沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Roland JC-120H – オーバーホール

Amp Repair of the Day

IMG_4412.jpg

Roland JC-120H

IMG_4413.jpg

ローランドのスタンダードアンプ Jazz Chorus。

IMG_4414.jpg

1984年に発売されたヘッド版。

外見はとても綺麗な状態で電源OK、音も出ます。

ただ弾いていない時のホワイトノイズがかなり大きい状態でした。

35年も経過しているアンプなので劣化パーツを全て交換してオーバーホールしました。

IMG_4416.jpg

古いジャズコーラスは年代によっていくつかのモデルがあって使われているパーツも若干違うのですが、現在では中々流通していない数値のパーツも多いです。

IMG_4417.jpg

当店では常に数十台分のジャズコ修理パーツを保管しているのですが、あといつまで手に入るやら・・・

IMG_4418.jpg

おや、抵抗の足が折れてますね。

出力まわりは全て交換。

IMG_4419.jpg

電解コンデンサは全て変えています。

IMG_4420.jpg

なんどもなんども音出しチェック。

IMG_4421.jpg

整流が安定してきて音量を上げていったらパワートランジスタが不調に。

これも全部交換しました。

IMG_4422.jpg

パネルやノブのクリーニングも行います。

IMG_4423.jpg

コンデンサ、トランジスタ、抵抗、ワイヤ、などなど

これで生まれ変わりました。

IMG_4424.jpg

IMG_4425.jpg

よくある質問で「パーツを変えるとジャズコの音じゃ無くなってしまいますか?」と聞かれますが、古くなってパーツが劣化し電圧の低い状態で使用しているアンプより、設計図通りの数値のパーツに変えたほうが、よっぽど当時のアンプの音に近いと思います。

とはいえ劣化パーツ以外はなるべく変えずに、ノイズがほとんど目立たなくなるレベルになりました。

ギターやベースアンプの修理、メンテナンス 等は 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG